2005年 09月 25日

教習を振り返って

7月30日が入校式だったから、ちょうど2ヶ月で卒業できたことになる。
計算してみたら、やはり規定時間を10時間オーバーしていた。
それでも、この一週間の休みがなければ、たぶんもっと延々とかかったろうから、続けて乗るのって大事だなあと思う。オーバー分はもちろん追加料金がかかっているわけだが、3時間は教習所の保証範囲内だから7時間分でよくって、ちょうど7時間分相当くらいはKawasakiのキャッシュバック・キャンペーンで戻ってくるから良しとしよう。(いいのか、そんな計算で?)

レインボーモータースクールは、さすがに優良教習所と言われるだけのことはあった。車の講習もそうだったけど、とにかく個々に合わせて的確なアドバイスが入るのが一番良かった点だろう。それはポイント練習だったり、タンデム指導だったり、言葉でのアドバイスだったりといろいろだが、他の生徒を指導しているのを見ても強く感じられた。そして出来るようになれば、きちんと誉めてくれる。これは嬉しい。

暑い間はなかったけど、涼しくなってきたら練習前のストレッチ体操も入ったし、「安全に乗ろう」「楽しく乗ろう」と毎時間開始前には言い聞かせている。それはたぶん、すごく大事なんじゃないかな。車と違って、バイクに乗っている自分の体は外に対してはあまりにも無防備で、守るためには確実な運転技術と交通ルールの遵守は必須だ。自分が頑張っても周囲のドライバーやライダーが同じようにしてくれるとは限らないのだから、状況判断は何よりも重要で、そして判断を元に反応するにはやはり技術が大事だろう。もう教習所は卒業したのだから、これからは公道で走りながら技術をアップしていかなくてはいけないわけだ。うーん…とりあえず、どこぞの交通安全講習を探して参加してみようか。
[PR]

by ciclone | 2005-09-25 13:08 | バイクの運転


<< ヘルメット      卒業検定 >>