転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 07日

まちつくドライヴ・箱根復路編

塔ノ沢温泉は箱根でもまだ標高200mくらいで、箱根口からもほど近い。宿はまるで山に貼り付くように建っている古い宿だが、設備は手が加えられ、居心地よくと工夫されている。手を加えてないところとの落差が目についてしまう箇所もあるため、5点満点で3.5点くらいか。バースペースがあるのは非常に良い。今日も荷物をまとめた後、出発までバースペースでコーヒーをいれてもらってぼーっとしていた。このバーだけ家の近所に作ってくれんかな。肝心の温泉は、庭に源泉があるという源泉掛け流し弱アルカリ性単純泉の岩風呂で気持ちいい。でも今日は雨が強くて寒かったため朝風呂はなし。昨夜のうちに2カ所は入れたので良しとしよう。安く出してくれていた『じゃらんネット』に感謝だ。

塔ノ沢から小涌谷方面へ登り、箱根峠から熱海方面へ抜ける。山道は雨だけでも嫌なのに、霧も濃くて見通しが悪い。山を下り霧がなくなった変わりに、熱海市街地の渋滞にはまりこむ。運転手にとってはストレスが多い。真鶴道路に入りやっと普通に走れるようになった。右手はずっと相模湾で、晴れていればすごく気持ちがいいだろうに今日は生憎のお天気だ。空と海の境すらはっきりしないようなグレーが広がっている。茅ヶ崎まで海沿いを走り、そこから内陸へ向けて進路変更。雨はパラパラ程度まで回復してくれているが、どんよりした空は変わらない。横浜新道、第三京浜を通って、世田谷区内からは一般道路で帰った。それでも午後5時前には帰宅できたので、道路も空いていたのだろう。

というわけで本日新たに取れたまちつくエリアスタンプは、宮の下を過ぎて小涌谷に入るあたりでやっと取れた箱根エリアに始まり、箱根峠を越えたとこでなぜか一瞬だけ捉えられた沼津/三島/御殿場エリア、熱海/伊東/東伊豆エリア、真鶴/湯河原エリア、藤沢/茅ヶ崎/江ノ島エリア、藤沢から戸塚へ入る付近でこれまた一瞬だけ捉えられた鎌倉/由比/大船エリア、戸塚エリア、保土ヶ谷エリア、港北ニュータウンエリア、上野毛エリア、世田谷/経堂エリア、下北沢エリア、明大前エリア、高円寺/阿佐ヶ谷エリア、豊島園/豊玉エリア、練馬/西東京市エリア、和光/朝霞/富士見エリア、成増エリア。自分で運転する方は、どんな道を通ったのか想像してみるとよろし。運転手は大変だろうが、携帯2台持ちでボタン操作をし続ける助手席も結構大変さ。さて、次は木曽に御嶽山を買いに行くか。
[PR]

by ciclone | 2010-03-07 22:50 | エンタメ


<< 東京モーターサイクルショー2010      まちつくドライヴ・箱根往路編 >>