2010年 06月 06日

ロッシ不在

というわけでイタリアGPだった。観戦会に行くんじゃなかったら、きっとモチベーション下がりまくってレースをちゃんと見られなかったに違いない。初参加の方も4人いたようだが、観戦会でわいわいやりながら見るのは、やっぱり本当に楽しいと再確認したのだった。

ロッシは無事に手術が終わり、レース前には電話インタビューに答えるなどサービス精神ありまくり。怪我人なんだからおとなしく寝てろよと思わないでもないが、ドカティ席が「VALE」と人文字を作ってくれちゃったりしてるのを見ると、この人なしのイタリアGPとか、ほんと、あり得ないんだよなと思う。レース前後の映像でもインタビューでもロッシの不在を強く感じさせるものが多くあった。スーパースターなんだなぁ…。手術当日でも電話でコメントしなきゃ始まらないほどの人気なんだよな。早く治って、またレースを見せてくれますように。(今季絶望とかいう話もあるが、来年以降だろうが戻ってくれさえすればいいのだ)。

moto2、motoGPともトップは独走で、2番手以下の争いが面白いレースだった。イアンノーネって速かったのねとか失礼な感想。そして久しぶりのペドロサ優勝だが、どうして勝つ時はいつも独走になっちゃうんだろう?バトルして勝ち上がってってのがない気がするのは気のせい?いいけどね、別に。そして125ccは間に合わなかったので明日あらためて見る。
[PR]

by ciclone | 2010-06-06 23:32 | エンタメ


<< 中山道      ロッシ骨折 >>