転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 05日

活字からも入る

何か新しいことに熱中し始める時、たいがい私は形と活字から入る。例えば着物っていいなと思えば自分で着てみるわけだが、形としては「自分で着て脱ぐことができる」というところから入った。つまりは着付けの練習だ。それと並行して、着物について書かれたもの、例えば着物生活のエッセイや着物についての本を読んだ。

まったく同じことを運転についてもやっていて、原付スクーターに乗る時は、スクーターを選ぶことと、ネットサーフィンをしてスクーターに乗っている人の日記や雑記を読むことから始めた。スクーターを選んで、ヘルメットとジャケットとグローブを買って、乗り始めてからはいわゆるライディング技術本を読んだ。それが、これ下に置いた本だ。だから車の運転をしようって決めた時に買い込んだ本、というのも当然ある。それはまたぼちぼち出していくつもり。

ライディング事始め
村井 真 つじ・つかさ / グランプリ出版
スコア選択: ★★★★★

5年前、初めて原付スクーターに乗り始めた頃に人から借りて読んだ。当時はバイクじゃなかったけど、それでも役立つ知識がいろいろあって良かった。今回教習中にもスラロームやブレーキ、シフトチェンジのことなど、かなりお世話になった。ありがたい。
[PR]

by ciclone | 2005-10-05 20:07 | バイクの運転


<< 友あり、      バイクの入門書 >>