2005年 12月 11日

久しぶりの車

前回運転したのは3週間前だから、あまり久しぶりじゃないのかもしれない。けれども、それまでほぼ毎週、なんらかの形でハンドルを握るようにしていたので、ものすっごく長期間運転していなかったような気がしてしまったのだ。だいたいが、私はイメージ先行型の人で、頭の中で悪い方にばっかり考えてしまうのが良くない。それは重々分かっているのだけど、緊張しきってしまった心身には、言い聞かせても遅いのであった。しかも本日は「一人で」ドライブである。通い慣れたRMSまでなのだが、横であれこれ気を配ってくれる人がいないと思うだけで不安は倍増する。出発前なのにすっかり舞い上がってしまい、時間を間違うというおまけが付いてしまった。反省。

実際のところ、「案ずるより産むが易し」とはよく言ったもので、運転席に座った時にはまだ舞い上がっていたが、エンジンを始動し音を聞いている間にだんだんと落ち着いて来る。ライトを点してサイドブレーキをはずして、ゆっくりと車庫から出て行く。信号待ちの車の列が捌けて、えいやっと公道へ乗り込む。すぐに赤信号で停止。ふうっと大きく溜め息。なんとか落ち着いたみたい。日暮れ時、まだ完全には暮れてないこの時間は、私の最も苦手な時間だ。注意深く、気を逸らさずに、慎重に、それでもスピードはきちんと出せるようになってるのが以前と違う点か。無事に事故も無く行って帰って来られて良かったよ。
[PR]

by ciclone | 2005-12-11 23:16 | 車の運転


<< 練習は楽し      ピカピカ >>