2005年 12月 28日

車庫入れの妙技

車の運転にだいぶ慣れてきたとは言え、やはり最も苦手なのは車庫入れだ。高速道路も苦手だけれど、これは長距離のお出かけをしなければ関係ない。しかし車庫入れは必ず付いて来る。自宅はさすがに感覚を掴めてきたが、初めての場所はまだまだおっかなびっくり。切り返しをいっぱいしてやっと入る感じ。

で、我が職場上司は車庫入れが巧い。達人と言っていい。伊達に杉並のこまこました道をワンボックスで毎日走っているだけのことはある。以前から巧いとは思っていたが、自分で運転しなかった頃にはそれでも長くやってれば上手くなるもんだろうから当然かと思っていた。しかしどうやらそういうものでもないらしいと、周囲の人などを見ていてわかる今日この頃。久しぶりにこの上司の車に乗って秋葉原へ行き、ガード下のせまーい時間貸し駐車場に入った。えー、少なくとも私はここの駐車場、柱にこすらずに停める自信はない。上司のワンボックスはバックモニター付きなのだが、それにしたって、ここは狭過ぎないか?(駐車場を見つけたのは私だが)と心配していたが、見事一発でキレイに停まった。すごい!これぞ妙技って感じ!先に入ってた普通の乗用車があれだけモタモタ時間かかってたのに…。思わず、「何ができるより尊敬する!」と言ったら笑われた。そらそーか。
[PR]

by ciclone | 2005-12-28 00:35 | 車の運転


<< 初乗り      "FASTER" >>