転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 18日

PAO

本日たまたま同僚が職場から駅まで車で送ってくれたが、この車が懐かしのPAOであった。

確か1989年に発売されたのだと記憶しているが、「動くプラモデル」のようなイメージがあり、愛らしい姿と相まって現在でもよく走っているのを見かける。しかし乗ったのは初めて。乗り心地は思ったより良い。少なくとも以前試乗させてもらったミニクーパーよりずっといい。日本車とは、ちょっと素直に思えないほどカワイイし、かなり好きかも。

年に一度浜名湖でオーナーズ・ミーティングがあるそうで、実用車である以上にやはり趣味的な車なんだなーと納得。がしがし走る走り屋系の名車だけでなく、趣味的なこういう隠れた名車(?)が日本にもあるのは、なんか嬉しい。
[PR]

by ciclone | 2006-02-18 23:49 | 雑記


<< お茶会、再び      ロッシの本 >>