2006年 03月 26日

motoGP開幕戦 決勝

motoGP第1戦スペインGP、ヘレスサーキット。

125ccクラスは地元スペインのバウティスタが初優勝を飾って終わる。いつものことながらこのクラスは、レースに動きがあって面白い。坂田和人氏の適切な解説もあってのことかな。ミカ・カリオが表彰台に乗れなかったのは残念。足首骨折を押して出場した小山は12位で終了。まあ完走できたのでヨシとしよう。早く治して万全な状態で走って欲しいもんだ。それにしてもKTM速いな。

250ccはフロントローに高橋裕紀と青山周平、セカンドローには青山博一と3人の日本人が頑張って並んだ。関口がまたも大腿骨骨折で欠場。デビュー戦の青山周平、いきなり2周目でぶっ飛んで終了。怪我はなさそうで良かったことだ。高橋が先頭集団に喰らいついて必死で走ったが、徐々においていかれて後退…してたと思ったら最後になって3位争いに参戦。最後の最後で4位になったが、バルベラ、ドヴィツィオーゾと三つ巴のレースは見応えあった。青山博一は手堅く走行し、6位。優勝はこれまた初優勝でロレンツォ、2位がデアンジェリス、3位ドヴィツィオーゾ、4位高橋、5位バルベラ。いやあ、面白かった。青木拓磨の解説は相変わらずレース画面と無関係なとこに飛んではいったが、去年よりマシになっていた気がする。スーツ姿にごまかされてるか?

motoGPクラスはフロントローにカピロッシ、ジベルノー、中野真矢。DUCATI速いやねぇ。タイヤではブリヂストンが調子いいようで嬉しい。山田さんもレポート書くのに気合いが入るってもんだね。解説は辻本聡、宮城光両氏。ロッシがスタート直後の第一コーナーでエリアスと接触転倒していきなり大波乱。ジベルノウはマシン・トラブルで3周目にしてリタイア。5周目にしてカピロッシは先頭を独走。それを追っかけて、最高峰クラスデビュー戦のペドロサが走る走る。18週目、カピロッシの真後ろにぴったりと貼り付いたペドロサ。地元スペインの観客は大喜び。あと3周ってとこで再び差が開いたが、先が楽しみな走りっぷりだった。抑えきったカピロッシは、さすがベテランと言うべきか。優勝はカピロッシ、2位ペドロサ、3位ヘイデン、4位エリアス、5位メランドリ。ロッシはレース復帰して14位でチェッカーを受けた。レース直後にエリアスが「ごめんよー」って速攻で謝りに行っていた。中野は7位、フロントローだったのになあ。玉田10位。スタート前にカメラが寄って行ってもシールドで顔を隠しちゃってて、ちょっと暗かった。大丈夫かな?何にせよ、今年のレースは楽しくなりそうだ。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-26 21:59 | エンタメ


<< 引き起こし      motoGP開幕! >>