2006年 04月 16日

無線の免許

いろいろと抵抗を試みたが、結局本日の第4級アマチュア無線技士試験を受験してきた。毎月第3日曜に日本無線協会本部で当日申し込みの試験が受けられるのだ。早起きして晴海まで遠征し、申し込んで試験受けて、合格発表を見て、技士免許申請の書類を提出して午後1時前で終了。半日仕事だったが、一度の試験でなんとかなったのでいいか。

試験2週間前に相方が受験すると言い始め、本を買い込んで勉強を始めたのは以前書いた通り。私はとにかく「無線工学」なんぞと呼ばれるものに近づきたくないからと逃げ回っていたのだが、1週間前になり相方が一通り読み終えた「完全丸暗記用」の問題集を渡され、すがやみつる作でマンガ形式の参考書も買ってもらい、月曜日の通勤から電車内勉強をスタート。法規は覚えるだけだし大して難しくもないので問題ないことがわかりほっとする。火曜の夜になって、アマチュア無線試験問題を掲載し模試も受けられちゃうサイトを発見し利用開始。電車では暗記本、家ではネット試験と参考書に取り組む日々。しかもそういう時に限って仕事は忙しく帰宅は遅い。前日夜にようやく丸暗記本を一通り読み終え、ネットの問題も一巡し試験勉強終わり。本日の試験では出題24問、合格基準は法規、工学を各8/12問正解すれば良い。合格発表を見ると、受験者総数120名程度、合格率約7割。最年少は小学校低学年から、上は60歳代くらい?グループで受けに来ている学生っぽい人も多かった。

二人とも合格したので、帰りに秋葉原に寄ってトランシーバーの値段をチェック。トランシーバーを買っておかないとアマチュア無線局開設の申請書が書けないそうで、しかも無線局の開設免許状がないと無線交信ができないので、6月にツーリングで使おうと思ったら、無線従事者免許が届いたらすぐに無線局の開設申請をしないといけないのだ。従事者免許が届くのはGW明け頃だそうだし、ぎりぎりかもしれない。そして、機械が手に入ったとしても、使い方はきっとすぐには覚えられない…。バイクで使えるように設置もしないといけないしね。道のりが長いのお。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-04-16 20:57 | エンタメ


<< 合格通知      筆記用具 >>