転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 04日

佐原ツーリング

バイクもキレイになっているし、天気もいいし、ツーリングには絶好のタイミングだね?というわけで、本日は頑張って走ってきた。目指すは佐原香取。ナビは相方にお任せして、例に寄って私は必死で着いていくのだ。

叩き起こされてコーヒーを飲み、朝8時半出発。加平I.C.辺りからなら首都高も空いているだろうと、そこまで下道で移動。かなり空いてていい感じ。予定通り加平I.C.から首都高に入り、頑張ってアクセルを開けていく。おお、今日はナントカ頑張れそう?とか思っていたら、八潮I.C.付近から渋滞。常磐道に入ったら更に渋滞。しかも、1速、2速、1速、2速、たまに3速、また1速って、こんなの高速道路じゃないっ。本当ならずっと高速道路で行く予定だったが、急遽予定変更。柏I.C.で下りて、利根川沿いを走っていくことになった。利根水郷ラインと呼ばれる利根川沿いの道は、のんびりした道かなとの予想を裏切ってビュンビュンかっ飛ばす系のバイパスであった。制限速度って何…平均速度60-70km/Hくらい。片側1車線の対面通行で、人も自転車もチラホラ。河川敷で遊べるようになってるしかな。飛ばしたい人はどうぞお先に、だ。草と花の織りなす5月の絨毯は堪能できたよ。

今回の目的地が佐原香取になったのは、一つには『ジパングツーリング』の3月号で「千葉北房総」という特集をやっていたせいだ。それで興味を持った相方が、GWでも混んでなさそうだしとここに決めた。しかし実際は、明日には香取神宮で神事があったり佐原の町には山車が出たりで、一日ずれてたら大混雑だったんじゃなかろうかと思われる。…ひょっとして、それも計算済み?今日でも結構な人出だったが。

というわけで、午後1時半には香取神宮に到着。参拝し、お神籤を引いて納めて終了。そこから北総の小江戸と呼ばれる佐原の古い町並みが保存されている地区を通り抜け、市営駐車場へ回り込んでバイクを駐める。今回一番のお目当て伊能忠敬記念館を目指すのだ。小野川沿いを歩いていると、突然ジャーッという大音響。何だ?と川を覗き込むと、橋から水が落ちてきている。これがジャージャー橋の所以かあ。伊能忠敬記念館の向かいに伊能家の遠い子孫にあたる家がやってる珈琲店があったので一休み。それから記念館、旧宅と、伊能忠敬の足跡を辿り、中村屋乾物店の文庫蔵で五月人形や相撲番付を眺め、ついでに土産物を買う。

すでに午後4時。疲れたから高速道路はイヤだとごねて、下道だけで帰ることになる。田舎の国道っぽい51号をひた走り、464号で成田から印旛沼を抜け、北総鉄道の脇を走り、青戸から環七に入って帰宅。本日の走行距離196km。沼津行きにはさすがに負けるが、それ以外で1日にこんなに走ったことはない。昨日慣らし運転しといて良かった。さすがに帰り着いたらヘロヘロだった。ブレーキの使い方とかがだんだんわかってきたので、面白かったけどね。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-05-04 23:03 | バイクの運転


<< 佐原ツーリング・写真      ピカピカ >>