2006年 06月 07日

信州ツーリング:使ってみた編

ツーリング用に買い集めたもの、買ってあったものの今回まで出番がなかったものなどが沢山ありすぎた。そこで、使ってみてどうだったかを記録してみる。今後の参考になるかどうかは疑問だけど、覚え書きってことで。

Daytonaブラストバリア:あって良かったものNo.1に挙げたい。体幹部に風があたらないと、高速走行もかーなり楽になることがよおおおくわかった。以前より格段に楽だったと思う。ビビビビって震えもあまりなかったが、これはむしろギア選択の問題かな?

e0056704_12522472.jpgTANAX Motofizz オーバルタンクバッグ:これも買った甲斐があった。高速道路料金所対策だったんだけど、相当スムーズに対応できるようになった。片手でも開け閉めできるので、うまくニュートラルが出せなくても、焦らなくていい。無線機もすっぽり収まって、クラッチ脇に取り付けたPTTスイッチとの距離もいい感じだった。唯一問題が生じたのは、脱落防止用のベルト。ガソリンを入れる度にバッグ位置をずらさなくてはならず、ベルトを片側だけはずしては再度着けるというのを繰り返していたら、ビーナスラインに入ってからいきなりベルトがはずれてしまい、マフラーに焼き付いた。異臭はするし、ベルトの切れ端はヒラヒラとはためくし、何が起こったのかと思ったさ。マグネットだけで十分にくっついているようだ。

e0056704_1253297.jpgRough&Road サイドバッグ:荷物の入る容量は十分。持ち手がもう少し長ければ更にいいかな。まあ我が家にあったのは古いので、新しいのは改良されているんじゃないか?

荷物コード:結局、サイドバッグを固定しておくのに使っただけ。2mの長さはちょうど良かった。

S:GEARレインウェア:雨避けよりむしろ暖を取る役に立っていたような気がする。でもしっかりした作りで安心感があるので良い。別に雨の中ずぶ濡れで走りたいわけでもないし、水浸透などの評価ができなかったのは幸いだと思おう。

Rosso Style Rabのレイングローブ:これもパラッとしか降られなかったので評価できない。ドライの条件で使い続けると、指先が滑って痛いってことはわかった。

財布:ジーンズのベルトにチェーンストラップで留める形で使用。後ろポケットにすっぽり入り、必要十分にモノも入り、使い勝手は良かったんじゃないか。ツーリングじゃなくても、バイクに乗る時はこいつを使おう。

無線機:使えなかった…何故かバッテリが切れてしまって。チャージはきちんとしてあったから、バッテリ切れした原因は何かと考えてみた。PTTスイッチの使い方を全く試さないままに乗ってしまったので、うっかり触ってONでロックしちゃったとかないかな?相方とN氏は便利に使っていたようで悔しい。次回リベンジ予定。

ファーストエイドキット:役に立ったのは湿布だけ。筋肉痛はどうしても出るからね。ま、それで済んで良かったねってことで。

RSタイチのヒップバッグ:これはいつも便利に使っているが、今回のツーリングに際しては持って行くかどうするかちょっと悩んだ。サイドバッグとタンクバッグで結構いろいろ入ってしまうので、ここまで容量のあるバッグじゃなくてウェストポーチくらいでもいいかなあと。でも持って行って正解。外側のネット部分にグローブを放り込んで休憩したりとか、結構うまく使えたと思う。

ヘルメットロック:懐古園でバイクを停めておいた時しか使わなかったけど、使えそうな印象ではあった。ちょっとヘルメットが地面に近づき過ぎな気もするんだけど、そこはまた改良の余地ありだろう。研究は続く。

レッグジェル:アロマの入ったフットケア用品で、別にバイク乗り用ではなく、スポーツ用ですらない。しかし効果は十分。足だけは疲れ知らずだった。

こんなとこかな?ウェア、ジーンズ、シューズは以前からのものだけど、ジーンズはせめて風を通さない加工がしてあるべきかもと思った。他に今回に間に合わなかったものとしてはシールドの撥水用品かな。要検討。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-06-07 23:31 | 買い物


<< 信州ツーリング・雑感      信州ツーリング・2日目午後 >>