転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

VTRとCB400SF

今日は久しぶりに交通教育センターレインボー埼玉のHONDAモーターサイクリストスクール初級コースに参加だ。3月の大風の日に行って以来なので3ヶ月半ぶりか。前回は途中で終了したという形になっていて、参加者全員に9月末まで有効の割引券をくれていたのだ。今日はそれを使ったのでいつもより安くて得した気分になれた。

梅雨のぐずついた空模様なのに、気温も高くて、まるでサウナのような状態の中での練習になった。いつもは250ccのホーネットに乗せてもらっているのだけど、今回はCB400SFにしようと思っていた。しかし、暑くて断念。立ってるだけで首筋に汗が流れ込んでいくのがわかるような状態なのに、CB400SFみたいに重いバイクは動かせないだろう。「250ccの人、このVTR使っていいよ」と言われたのでホイホイと受け取る。でも、そう言えば以前に乗った時、相性悪かったんだよなー>VTR。あの頃はまだ運転し始めたばっかりだったし、そんなせいもあるかもなと思い直して乗車してみるが、ポジションが取りづらい。細身のバイクなせいか、足が余っちゃってふくらはぎがつっぱるのだ。しかもアクセルの遊びが非常に大きくとってあって、ローギアで走ると加減速が極端になる。うーん、やっぱ好きじゃないかも…。総勢18名のうち、250ccはなんと私一人。珍しい。女性は数名いたが、皆様400ccで練習している。自分のバイクは250ccという人も、400ccの方が勉強になるからと勧められてとチャレンジしている。えらいなあ。でも、乗りにくいVTRに我慢して乗り続けるより、思い切って乗り換えた方がいいかなあ?うーん…。

暖気運転から慣熟走行、オフセットパイロン、急制動。ポジションが取りづらいことを除けば、VTRにも慣れてなんとか走れるようになった。これまでのスクール参加歴では最も良い出来だったんじゃないだろうか。免許取得から9ヶ月。去年の今頃は教習所で車のペーパードライバー教習を受けていたんだよな。よくやってるよ>自分。

昼食でセンターに戻り歩いてみるとふくらはぎがパンパンになっている。やはり体勢的に無理かも。一緒のテーブルで食事をした方はVTR乗りだったが、彼女もCB400SFは楽だという。やはりVTRは癖があるのだろう。一応初心者向けで、乗りこなすと非常に面白いバイクだとインストラクター氏は言うのだが。

食事して、一息ついて、午後の部開始前にバイクを乗り換えたいと申し出る。許可はすぐに下りたが、午前と違うバイクなので、しっかり慣れるまでは飛ばさないようにという指示。いや、飛ばせって言われても無理だからさ。最後尾からスタートし、皆様の邪魔をしないように走る努力をする。いやー、なんて安定がいいんだ。アクセルをそーっと滑らすと(開ける、まで行かない)エンジンが静かに回転数を上げてバイクが進み出す。気持ちいいほど楽ちん。VTRの方が練習にはなったかもだが、ポジションが楽なのもあって、私にしてはかなり思い切って走れた。

午後4時半前に終了。暑くて皆様バテバテ。バイクを拭いて、車庫に戻して、ゼッケンを返して、挨拶をして、終了。初めてシャワー室を利用して汗を流した。はああ、さっぱり。着替えとサンダル持って来て良かった。8月にもスクールはあるみたいだけど…参加、できるかな?

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-07-02 19:00 | バイクの運転


<< 道路を走るって…      桶川・HMS >>