2007年 02月 11日

しまなみ海道

昨日夕方にしまなみ海道を渡って尾道入りし、夜は旧友と再会して楽しく食事とお喋り。ついでにカラオケまでやってしまい、ホテルに戻るなりバタンキューだった。よく眠れたのでよしとしよう。

今日は少し尾道を観光して、それからしまなみ海道を再び渡って、途中で大三島の塩風呂に寄るのだ。尾道観光と言っても千光寺に行くだけだが。コンビニに寄りたいという要望があったので、ホテルからコンビニまで同行者が運転し、そこで運転を私に交代して千光寺を目指すことになった。しかし、とにかく道が細い。尾道の道はそもそも入り組んでいて坂が多い。車が通れる道ではあるけど、両面通行には厳しいだろうって道が続く。しかも途中で道を間違えたらしく(誰もナビの画面をチェックしてなかったのが敗因なのだが)坂の上で途方に暮れるはめになった。通りすがりの地元のおばさんが親切に道案内をしてくれて、とりあえず少し戻ればなんとかなることが判明したので運転を再度交代して車の向きを変えて再出発する。バックは下手なんだよなー…。目的地に着いて、瀬戸内の景色を楽しみ、お参りもして今度は下りの細い道なのでとそのまま同行者の運転で出発してしまなみ海道から大三島へ向かう。

大三島はすでに愛媛県今治市。生口島までが広島県だ。大三島の隣に伯方島があるのだが、ここは『伯方の塩』で有名な伯方塩業が工場を設置していて、その工場の隣にマーレ・グラッシア大三島という塩風呂の施設があるのだ。正式には海洋温浴施設と呼ぶらしい。要するに海水を利用したお風呂を中心として、露天風呂やら何やらを併設した健康ランドみたいなとこだ。館内はすべてバリアフリー。広くて気持ちいい。風呂上がりには足ツボマッサージ機でほどよく刺激を受け、すっかりリラックスしたところでお腹が空いた。

大三島に入ったところでいったん休憩して私が運転していたので、お風呂後も私の運転で多々羅大橋のたもとにある道の駅・多々羅しまなみ公園には美味しいレストランがあるとのことでそこを目指す。瀬戸内名物のヒラメを丸ごと揚げた姿唐揚げを食べたが、これがめちゃくちゃ美味しい。衣はカラッと、中の身はやわらかくふんわりとしていて、ポン酢醤油と紅葉おろしを付けると後味もさっぱりであっという間に食べてしまった。他の人はヒラメ丼、牡蛎フライ定食。いずれも美味しかったそうだ。道の駅なので野菜や果物の販売もあって、レモンと蜜柑蜂蜜を購入。他の人もハーブの入浴剤やらお土産やらを買って満足したところで松山空港を目指す。まだ運転は私が続ける。このまま空港辺りまで行けるかな?

今治I.C.でしまなみ海道が終わり、そこからは海沿いに一般道を走って空港を目指すことになる。そこそこ流れにのって走れているが、夕方になってきたおかげで西日が眩しい。正面に太陽が沈んで行くので、日除けを下ろして走るのだがあまり役に立たない感じだ。結局、道の駅を見つけて途中休憩を取って運転交代。あとは暗くなっていったので、ちょうどいいタイミングで代わってもらったかな。ガソリンスタンドに寄ってからレンタカー屋へ車を返して、そこから空港までは送ってもらう。今日の私の運転は60km程度。昨日からの全行程が約360kmでそのうち150kmを運転したことになる。まあまあの出来かな?飛行機は窓側の席で、東京の夜景もなかなか捨てたもんじゃないかと思いつつ帰京。楽しい旅行だった。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-02-11 23:35 | 車の運転


<< 映画を見に行った      内子へドライブ >>