転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 04日

雛祭りツーリング(その1)

というわけで、土曜日だというのに早朝から起き出してバイクに乗る。今回は6台集まるのだが、集合場所まで我が家から24km程あるので先ずは集合場所に時間通りに着くべく出発なのだ。しかし土曜日はやはり道路状況が甘くなく、結局40分も皆様をお待たせしてしまった…ううう、のっけから申し訳ない。お詫びの挨拶もそこそこに、相方のNinja、A嬢のGrassTracker、MR嬢のDragster250、私のEstrella、M嬢のCB400SS、しんがりをN氏のGSRで隊列を組んで出発だ。相方とN氏と私のバイクには無線機も装備されており、先頭/中央/最後尾で連絡が取れるようになっている。役に立つような事態はない方がいいけど、いざって時に連絡が取り易いという意味では心強い。

湾岸市川I.C.から東関東自動車道に入ってすぐの海浜幕張S.A.で朝食休憩。高速道路は初めてのA嬢は初めての料金所通過ですでにドキドキだ。私にも覚えがあるけど、チケットを落としたらどうしよう?って相当緊張したもんだよね。次はお金を払うんだからねと、そちらの準備もばっちりチェック。今日のお天気は曇りで寒くて、途中で9℃という表示が見えたくらい。身体を温めるべくホットドリンクやおにぎり、豚まん、アメリカンドックなど思い思いのものを食べたが、アルミ椅子が冷たいのには閉口した。出発時間が予定より遅くなったので、予定ルートから変更して最初に苺狩りへ行くことに決まり、東関東自動車道から京葉道路、千葉東金道路と走って山武成東I.C.で下りる。成東は走る道の両側に「苺狩り」の看板が次々と現れ、否が応でも期待が高まる。菜の花の黄色も目に眩しい。

千葉成東にたくさんあるいちご園の中から今回緑川いちご園を選んだのは相方なのだが、国道に面した無料駐車場が広くあって、水洗トイレがあってというのがポイントだったそうだ。花専用のビニールハウスも持っているそうで、かなりしっかりした農園の様子。一人1300円でビニールハウスに入って30分の食べ放題。ヘタを入れるビニール容器と小さいコンデンスミルクを渡された。しかし、コンデンスミルクがいらないくらいとにかく苺が甘い。大粒のものは味も大味かもと心配したが、まったくそんなことはない。こんなに美味しい苺だなんて!とパクパク食べてしまう。途中でふと思いついてコンデンスミルクを付けてみると、これまた違う美味しいさがあって再びパクパクと始めてしまう。おかげで30分経過するのはあっという間で、だけど苺だけで相当にお腹いっぱいになってしまった。持ち帰り用の苺など買う気にならないくらい満腹になって大満足だ。

苺で胃が苦しいよーと言いながら、駐車場を出てすぐのガソリンスタンドで給油して九十九里浜を目指す。細い道が続いて,果たして道があってるのだろうかと心配になったところで突然に進入禁止の立て札が出現。道路脇の空き地にバイクを停めて、そこからは徒歩で海を目指す。防風林だろう松林を通り過ぎると急に波の音がして、目の前に波の荒い太平洋が見えた。「海だ!」普段だって30分も歩けば海に着くところにいるはずなのに、海を見るのは久しぶり。しかしどうして海ってだけでこんなに気分が高揚するんだろう。ひとしきり写真を撮ったり、海や空を眺めてぼーっとする。いつの間にか晴れてる青空が気持ちいい。ツーリング=非日常だなーと、なんだかしみじみと思う。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-03-04 23:37 | バイクの運転


<< 雛祭りツーリング(その2)      うなぎの骨 >>