2005年 07月 31日

一人で運転してみる

この週末はJ氏が鈴鹿へ8時間耐久レースを観に行っているので不在である。従って、車の運転はしない方が無難であろうとは、自分でも思っていたし周囲からも言われていた。昨日は全然する気もなかった。

でも今朝起きたら、運転できるような気がした。というか、これまで毎週末教習所に通って運転したいたので、運転しておいた方がいいんじゃないかと思ったのだ。そこで、通いなれた(と言っても自分で運転したことがあるのは2回のみの)教習所までの往復をしてみることにした。教習所に行って、駐車場に止めて、そこから出て、帰って来る。自宅から教習所まではほとんどが大きな道路だが、自宅近くは駅前なせいもありごちゃごちゃしているので要注意。大きな道路では車線変更がなくて済むように気を配る。車庫入れでは他の車に当てないように注意。道は分かってるんだし、大丈夫、と自分に言い聞かせて出発だ。

駐車場から出る前に、アクセルを少し強く踏み込み過ぎて一瞬焦る。慌てない慌てない。周りの車だって、下手な運転だと思えば避けてくれるんだから、安全確認だけしっかりすればいいのだ。
気を取り直して再出発。信号で右折、ほっそーい両面通行道路を、歩行者と自転車がわらわらと渡って行く。自分も普段やっているが、ひっかけるんじゃないかと気が気ではない。なんとか抜けると、今度は左折の信号。曲がった先にはいつも通りに駐車車両が見えている。バスも止まっていて見通しが悪い。そーっと動いてなんとかクリア。次の信号を過ぎれば、しばらくはスムーズに行けるはずだ…。
そんな調子で片道30分、目的地に到着。短い距離で左折レーンに入らないといけなかった時に苦労しただけで(自分より、たぶん周りの車がだけど)大きなトラブルはなかった。帰りは一部違う道で、工事中の迂回があったり、商店街や住宅街を走行してみる。やはり難しいのは駅前から自宅までの人ごみと違法駐車をすり抜けること。自宅駐車場もなかなかの難物だったが、隣の車が何故かすごーく左寄りに駐車していてくれたので、かなり余裕で車庫入れが出来た。

こうして一人で乗ってみると、いかに自分が他人任せの安全確認をしているかがよくわかる。乗り続けていれば、いつかもっと上手になれるだろうか。
往復一時間強の単独ドライブだったが、半日運転し続けたかってほど疲れてしまったよ。
[PR]

by ciclone | 2005-07-31 21:33 | 車の運転


<< 技能教習が始まった      バイク教習に行くぞ >>