2007年 09月 29日

沖縄ドライブ(2日目つづき)

フクギ並木でウニを食べ、大満足と思っていたら、次はゴーヤーチャンプルーを食べるのだと妹が言う。閉店直前の午後5時数分前に本部港の『みなと食堂』へ滑り込んでソーキそばとゴーヤーチャンプルーをいただく。量が多いので、ご飯は控えめにしてもらったのだが、それでも量が多い。おばちゃんも心得たもので、「無理しないでいいよー、残ったら持たせてあげるから」と言ってくれる。素朴で美味しい地元の味だ。勿論ここもKAT-TUNの子らが来た店らしく、これまでもファンの子達がぞくぞくと来たとか。店のおばちゃんは有名な子たちなのねー、くらいの感じだったがな。それにしても、量が多いーと思っていたのに、おいしくてパクパク食べてしまう。気づいたら2人で完食していた…。

本部港から許田の道の駅に向かう途中で夕陽がどんどん傾いていく。この時期、日没は午後6時22分頃。海に沈む夕陽を落ち着いて見るのに、どうにか間に合って車を停めた。水平線に沈む夕陽を海辺で見られるって贅沢だよなー。沈むまでぼーっと眺める。途中、思い出して写真を撮り、心配しているであろう保護者達に送信。沈んでから道の駅で買い物をして、妹はアイスを食べて、暗くなった道を再び出発。

ホテルに帰る道の途中だしと、『恩納ガラス工房』で琉球ガラス制作体験をしていくことになった。ここは夜10時まで制作体験をさせてくれるのだ。時間が遅いから空いているかと思ったら、他にも何組か申し込みをしている人達がいた。制作体験というのは、150種類以上の見本の中から気に入ったデザインや色柄を選んで、それを作る工程に参加させてもらい、出来上がった作品は持ち帰れる。参加と言っても見学に毛が生えた程度のものだけど、かなり楽しい。しかも親しい人へのお土産には、かなりポイントが高いんじゃなかろうか。我々は最後の客だったので、ガラスはもう青と水色しか残っていなかったが、作りたい色はその辺だったので問題なくお願いした。私は吹きガラスでグラス作り、妹はバーナーワークでトンボ玉作り。お互いに相手がやっている時にはカメラマン。夜に作って、翌朝には受け取れる。受け取りに来られない場合は有料で発送してくれるそうだ。翌日午後に受け取りするようにして、今度こそホテルに戻る。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-09-29 22:10 | 車の運転


<< 沖縄ドライブ(3日目)      沖縄ドライブ(2日目) >>