2005年 09月 11日

バイクの教習、そろそろ最終段階

第二段階も後半になると、普通自動車免許保持のため学科教習免除の場合にも、危険予測の講義を受けなければならない。シミュレーターを使った実習とセットになったこの二時間教習を1ヶ月半にして迎えられたのは、私にしてはまずまずの上出来と思わねばならないだろう。

一般道走行を同じルートで2パターン(周囲の車が協力的なバージョンと非協力的なバージョン)行い、それを元に危険予測についての説明…だったのだが、途中から教官はすっかり脱線していた気がする。あとは二人乗りについての説明ビデオを見て、内容理解が出来ているか簡単な質疑応答。あっさり終わり。

セット教習に続いて実技。今日は最初に間隔がバラバラのスラロームを走るのと、Uターンの練習。その後はコース練習をAB各1回ずつやって、あとはひたすら課題走行の練習。久しぶりにやったらスラロームが全然できない。急制動は後輪ロック2回したし。おかげで、この時間もう1回ということになった。これをクリアできないと見極めに進めない。本当はキャンセル待ちして午後にも乗るつもりだったけど、なんとなく疲れていて無理しちゃいけないかもと思い止めておいた。次回は、見極めも、クリアを目指したい。
[PR]

by ciclone | 2005-09-11 21:36 | バイクの運転


<< 突然、雨が      4輪のスクール >>