転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

2005年 09月 24日 ( 1 )


2005年 09月 24日

卒業検定

朝6時に自然に目が覚めた。雨音がする。起きればいいのは7時なんだが、よっぽど緊張しているらしくニ度寝ができない。仕方なく検定コース2種類のイメージトレーニングをして過ごす。雨音は止まない。嫌だなあ…。

雨中の運転で事故っては元も子もないので、今日は特別に車で送って行ってもらう。8時15分過ぎに教習所に着くと、他の受験者がやはり皆それぞれに緊張した面持ちで座っている。今日の受験者は大型8人、普通8人、普通AT1人。一昨日の教習で見かけた補習組が3人ほどいるようだ。私の受験番号は7番。きっとこれはラッキー7だ、と信じる。8時半になり、全員集合してコースと走行手順の説明。今日は検定1コース。好きな方のコースでちょっと安心。すごく丁寧に説明してくれて、イメージが再確認しやすい。まだ雨はぱらついていて、レインウェアをズボンだけ借りて履く。

チームを4人ずつに分けたので、走行順としては自分のチームの3番目。前の二人が走っている間、落ち着かない気分で見守る。皆、うまい。大丈夫、みきわめもらってるんだし、あれくらいは私にも出来るはず、と必死で言い聞かせる。雨は最初の人が走る前にぴたっと止んで、再び降る気配はない。でも路面は濡れているし、水たまりのあるところも。気をつけなくちゃ。前の人が寸評してもらってる間にバイクの横に行って待機。声がかかり、いよいよ乗車だ。慎重に手順を確認しながら、エンジン始動、走行スタート…検定車両はやはり整備がいい。練習車両のどれよりもスムーズに乗れる。これまで言われたことを一つずつ思い出しながら、気をつけてコース走行を終了し課題走行へ移動。坂道発進、スラローム、一本橋、急制動。どれもこれまでで一番きれいにクリアできた気がする。特に急制動は、こんなに上手く行ったのは初めてかもしれないくらい。ゴール後の寸評では、「緊張してたねー、もっとスピード出しても大丈夫だよ」と言われた。いいのか悪いのか…でも、ひょっとして、いける?

全員の走行が終了してから、本館へ移動して合格発表。OHPシートにナンバーが書いてあって、合格者のナンバーは赤丸で囲ってある、というアナクロな発表だった。ほとんどのナンバーに赤丸が付いている。普通二輪7番も丸!合格!

あとは卒業証明書をもらって、アンケートを書いて、二人乗りの法規制について再度説明があって終了。週明けに免許センターに行って申請すれば、晴れて普通二輪に乗れるのだ。卒業検定は絶対一回ではクリアは無理と思っていたので、すごく嬉しい。帰りの車で、相方に報告と感謝の言葉を。その足でバイク屋にも報告に行き、来週末にエストレヤの引き渡しをする段取りを組んだ。自分が本当にバイクを運転する日が来るなんて…世の中、まだまだ驚きで満ちている。
[PR]

by ciclone | 2005-09-24 19:09 | バイクの運転