転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

免許申請!

明日の納車を前に、免許を申請すべく江東試験場に行ってきた。本当はもっと早くに行きたかったのだけど、仕事の都合がつかず今日まで延びてしまったのだ。今日も危うく仕事を抜けられないところだったのだが、明日が納車なのでと強引に出かけた。

午後4時まで開いていると聞いていたので3時までに行けばいいかと思っていたら、ほんっとにバタバタ駆け込まなくてはいけなくなり、しかもデッドラインぎりぎりだったのでかなり焦った。しかも、交付してもらった免許証を見たら、首の部分に絞められたかのような黒い一筋の影が!窓口の方に「これはいくらなんでも…」と相談したら、撮影し直しになって一安心。おかげで20分ほど余分にかかったけど、絞殺写真よりはいいだろう。

これで明日はバイク屋さんから自分で愛車(予定)を運転して帰れるわけだ。楽しみ。でも不安。でも楽しみ。早く明日の午後にならないかな。
[PR]

by ciclone | 2005-09-30 23:13 | バイクの運転
2005年 09月 28日

夜道の練習

バイクが届いちゃったら、きっと土日はバイクに乗るだろう。それは間違いない。
でも、車の運転も続けないと、せっかく上達してきたのにムダになってしまう。もったいない。

というわけで、比較的早く帰宅できたので、軽食をとってご近所ドライブに出かけた。ちょっとのつもりが1時間強になり、後半では緊張のあまり足がツってしまった。だって、やはり対向車のライトは眩しいし、幻惑されちゃって信号までの距離はわからなくなるし、人や自転車は見えにくい。住宅地の中を縫うように走る道は先が読めない。スピード調整むずかしい…。

えー、仕方ないので、当分の間は本日のコースを練習していくことに。慣れればちっとはマシになるだろうってことで。

…うまくなってきたと、思ったのになあ。
[PR]

by ciclone | 2005-09-28 23:02 | 車の運転
2005年 09月 27日

ヘルメット

食事が終わってやれやれと一息ついていたら、はい、と箱を手渡された。
ヘルメット!
仕事が早く終わったので、速攻で帰宅して車を飛ばして受け取りに行ってくれたんだそうな。ありがたい。

箱を開けると、黒い巾着袋に入った丸い固まり。巾着を開けるとワインレッドのSHOEI Z-4。
改めて被ってみる。ついでにジャケットも羽織ってみる。その格好で鏡を覗くと、
「おお、ライダーがいるよ」
格好から入る私としては、上々のスタートが切れそうだ。
[PR]

by ciclone | 2005-09-27 23:06 | 買い物
2005年 09月 25日

教習を振り返って

7月30日が入校式だったから、ちょうど2ヶ月で卒業できたことになる。
計算してみたら、やはり規定時間を10時間オーバーしていた。
それでも、この一週間の休みがなければ、たぶんもっと延々とかかったろうから、続けて乗るのって大事だなあと思う。オーバー分はもちろん追加料金がかかっているわけだが、3時間は教習所の保証範囲内だから7時間分でよくって、ちょうど7時間分相当くらいはKawasakiのキャッシュバック・キャンペーンで戻ってくるから良しとしよう。(いいのか、そんな計算で?)

レインボーモータースクールは、さすがに優良教習所と言われるだけのことはあった。車の講習もそうだったけど、とにかく個々に合わせて的確なアドバイスが入るのが一番良かった点だろう。それはポイント練習だったり、タンデム指導だったり、言葉でのアドバイスだったりといろいろだが、他の生徒を指導しているのを見ても強く感じられた。そして出来るようになれば、きちんと誉めてくれる。これは嬉しい。

暑い間はなかったけど、涼しくなってきたら練習前のストレッチ体操も入ったし、「安全に乗ろう」「楽しく乗ろう」と毎時間開始前には言い聞かせている。それはたぶん、すごく大事なんじゃないかな。車と違って、バイクに乗っている自分の体は外に対してはあまりにも無防備で、守るためには確実な運転技術と交通ルールの遵守は必須だ。自分が頑張っても周囲のドライバーやライダーが同じようにしてくれるとは限らないのだから、状況判断は何よりも重要で、そして判断を元に反応するにはやはり技術が大事だろう。もう教習所は卒業したのだから、これからは公道で走りながら技術をアップしていかなくてはいけないわけだ。うーん…とりあえず、どこぞの交通安全講習を探して参加してみようか。
[PR]

by ciclone | 2005-09-25 13:08 | バイクの運転
2005年 09月 24日

卒業検定

朝6時に自然に目が覚めた。雨音がする。起きればいいのは7時なんだが、よっぽど緊張しているらしくニ度寝ができない。仕方なく検定コース2種類のイメージトレーニングをして過ごす。雨音は止まない。嫌だなあ…。

雨中の運転で事故っては元も子もないので、今日は特別に車で送って行ってもらう。8時15分過ぎに教習所に着くと、他の受験者がやはり皆それぞれに緊張した面持ちで座っている。今日の受験者は大型8人、普通8人、普通AT1人。一昨日の教習で見かけた補習組が3人ほどいるようだ。私の受験番号は7番。きっとこれはラッキー7だ、と信じる。8時半になり、全員集合してコースと走行手順の説明。今日は検定1コース。好きな方のコースでちょっと安心。すごく丁寧に説明してくれて、イメージが再確認しやすい。まだ雨はぱらついていて、レインウェアをズボンだけ借りて履く。

チームを4人ずつに分けたので、走行順としては自分のチームの3番目。前の二人が走っている間、落ち着かない気分で見守る。皆、うまい。大丈夫、みきわめもらってるんだし、あれくらいは私にも出来るはず、と必死で言い聞かせる。雨は最初の人が走る前にぴたっと止んで、再び降る気配はない。でも路面は濡れているし、水たまりのあるところも。気をつけなくちゃ。前の人が寸評してもらってる間にバイクの横に行って待機。声がかかり、いよいよ乗車だ。慎重に手順を確認しながら、エンジン始動、走行スタート…検定車両はやはり整備がいい。練習車両のどれよりもスムーズに乗れる。これまで言われたことを一つずつ思い出しながら、気をつけてコース走行を終了し課題走行へ移動。坂道発進、スラローム、一本橋、急制動。どれもこれまでで一番きれいにクリアできた気がする。特に急制動は、こんなに上手く行ったのは初めてかもしれないくらい。ゴール後の寸評では、「緊張してたねー、もっとスピード出しても大丈夫だよ」と言われた。いいのか悪いのか…でも、ひょっとして、いける?

全員の走行が終了してから、本館へ移動して合格発表。OHPシートにナンバーが書いてあって、合格者のナンバーは赤丸で囲ってある、というアナクロな発表だった。ほとんどのナンバーに赤丸が付いている。普通二輪7番も丸!合格!

あとは卒業証明書をもらって、アンケートを書いて、二人乗りの法規制について再度説明があって終了。週明けに免許センターに行って申請すれば、晴れて普通二輪に乗れるのだ。卒業検定は絶対一回ではクリアは無理と思っていたので、すごく嬉しい。帰りの車で、相方に報告と感謝の言葉を。その足でバイク屋にも報告に行き、来週末にエストレヤの引き渡しをする段取りを組んだ。自分が本当にバイクを運転する日が来るなんて…世の中、まだまだ驚きで満ちている。
[PR]

by ciclone | 2005-09-24 19:09 | バイクの運転
2005年 09月 23日

バイク用のお買い物

バイク用品店に行ったのは、私がようやっと卒業検定にまで辿り着き、免許取得が目前のものとなったので、新しいヘルメットを購入するためなのであった。現在持っているヘルメットはジェット式なので、フルフェイスを買おうというのだ。免許を取ったら買ってね、と、半ば強引に相方に取り付けておいた約束の品である。

初夏に他店でタンデムツーリングするなら、とやはりフルフェイスを下見したことがあったのだが、その時にはARAIのAstroTRがいいかなと思った。だから今日はそれが本命かなと思って行ったのだが、結局、SHOEIのZ−4になった。このところヘルメットを連日被っているので感覚が変わったのかもしれないけど、そっちの方が長時間続けて装着した時に楽かもと思えたのだ。でも、気に入ったワインレッドのSサイズが店に無くて、お取り寄せになった。

ヘルメットが新調されるなら、やはりグローブもでしょ!って、グローブも見てみることに。ちょうど女性向けのグローブの特集コーナーが出来ていて、数社のものが並べてある。J-AMBLEという会社のROSSOというブランドが女性向けとしてメジャーらしい。さすが女性向けだけあって、他ではなかなか合うサイズのない私の手が、Mサイズでぴったりだった。迷わずそこのを一組選ぶ。他にもバッグやらウェアやら展開されてるらしい。また見てみよう。

というわけで、肝心のヘルメットはまだ手元にないが、グローブも新調されたことだし、明日の卒業検定は頑張るぞ!…と、日記には書いておこう。
[PR]

by ciclone | 2005-09-23 23:56 | 買い物
2005年 09月 23日

初めての道

今日は初めての道の運転にチャレンジ。
片道30キロの先にあるバイク用品店までお出かけだ。
幹線道路をひたすら走って、バイパスから国道に抜けて、その先でUターンして到着。相方は行き慣れた道なので、ナビはばっちり。おかげで大過なく到着した。一般道路なのに80キロ出してても追いつけない車が前を走っていたのはどうしてだろう?とか考えてしまったりもしたが、まあ、そういうこともあるらしい。

でもこれ、道順をしっかり把握してて、車線の指示まで出してくれる人が隣にいたからスムーズに走れたけど、一人だったらかなりおっかなびっくりになったと思う。こればっかりは、カーナビよりも「人」かなあ。
[PR]

by ciclone | 2005-09-23 23:40 | 車の運転
2005年 09月 22日

みきわめ終了

今日はいよいよみきわめ。
これを通れば卒業検定が待つのみだ。昨日言われた通り、一発勝負のつもりでやろうと心がけたら、どういうわけだか調子がいい。おお、スラロームが7秒4?一本橋8秒?クリアじゃん。急制動も40キロ出たし、止まれたし、坂道発進は元より問題ないし。コース走行も違反なし。いい感じじゃない?でも、ダメかもだからもう一時間は覚悟しておく(予約も取ってあるし)。

と、思ったら、あっさりクリア。思わず「いいんですか?」と聞いてしまった。
もちろんその足で卒業検定を申し込みに行った。やっほー!
[PR]

by ciclone | 2005-09-22 13:59 | バイクの運転
2005年 09月 21日

慣れてきた

さすがに教習所への往復は慣れた。
そして、運転そのものにもだいぶ慣れたんじゃないかと思う。

昨日、今日と運転していてしみじみ思うこと。
都内在住で、良かった。
都会のドライバーは運転マナーが悪いとか言うけど、全然嘘だね。田舎の人の方が荒っぽいし怖いよ。都市部は交通量も多いから、どんな人が走ってるかわかんなくって牽制し合うような感じになるのかもだけれども、制限速度以上のスピードで走ってるのに後ろからガンガン煽られるようなことはないもんなー。ある意味では気が楽だ。

でも、やっぱり、ちっちゃい初心者マーク買って来ようっと。
[PR]

by ciclone | 2005-09-21 23:19 | 車の運転
2005年 09月 21日

やっと…

明日は「みきわめ」を受けてもいいことになった。
かなり甘くしてもらったっぽいけど。各パートを別々に指導されること数回ずつ。この時間を合計6時間もやってるわけで、ここらで先に進ませておかなければ、教習所としてもメンツが保てないんだろうって感じ。

本日も乗車は2時間。1時間目では急制動のスピード作りの個人指導が入ってしまう。タンデム走行、何回目だろう…あ、前はスラロームか。そのスラロームは最後の方でやはり指導が入り、かなりマシな走り方になったと思われる。一本橋は問題なし。坂道発進も問題なし。法規走行は、焦ってさえいなければ大丈夫だろう。自分でも、走りがスムーズになってきたと思うもの。でも、2時間目の最後の頃には、自然に涙目になってたけどな。通してもらえて良かったよお。
[PR]

by ciclone | 2005-09-21 17:12 | バイクの運転