転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 28日

車庫入れの妙技

車の運転にだいぶ慣れてきたとは言え、やはり最も苦手なのは車庫入れだ。高速道路も苦手だけれど、これは長距離のお出かけをしなければ関係ない。しかし車庫入れは必ず付いて来る。自宅はさすがに感覚を掴めてきたが、初めての場所はまだまだおっかなびっくり。切り返しをいっぱいしてやっと入る感じ。

で、我が職場上司は車庫入れが巧い。達人と言っていい。伊達に杉並のこまこました道をワンボックスで毎日走っているだけのことはある。以前から巧いとは思っていたが、自分で運転しなかった頃にはそれでも長くやってれば上手くなるもんだろうから当然かと思っていた。しかしどうやらそういうものでもないらしいと、周囲の人などを見ていてわかる今日この頃。久しぶりにこの上司の車に乗って秋葉原へ行き、ガード下のせまーい時間貸し駐車場に入った。えー、少なくとも私はここの駐車場、柱にこすらずに停める自信はない。上司のワンボックスはバックモニター付きなのだが、それにしたって、ここは狭過ぎないか?(駐車場を見つけたのは私だが)と心配していたが、見事一発でキレイに停まった。すごい!これぞ妙技って感じ!先に入ってた普通の乗用車があれだけモタモタ時間かかってたのに…。思わず、「何ができるより尊敬する!」と言ったら笑われた。そらそーか。
[PR]

by ciclone | 2005-12-28 00:35 | 車の運転
2005年 12月 25日

"FASTER"

最近のサンタクロースは忙しくて、どうやらクリスマス前にプレゼントを届け終わるようにと宅配便を利用するらしい。そんなサンタからの宅配便で『FASTER』のDVDが届いていたので、聖夜はそれを見て過ごす。9月にテアトル新宿で単館上映しかもレイトショーだったので、前売り券を買ってあったのに忙しくて行けなくて、結局見ていなかったのだ。

2002年シーズンまででまとめてある映画なのだが、ロッシとビアッジの確執とシュワンツとレイニーの確執を重ね合わせて見せたり、新人ホプキンスに焦点を当ててみたり、ライダーのみならず、とりまくメカニックやライター、果てはトラックの運転手にまで話を聞いていて面白い。本編もすごーく面白いのだが、エンドロールの皆様からのコメントは秀逸で笑えるね。是非レイトショーと言わず、一般の時間帯に上映して欲しかった。

後日編にあたる『FASTER&FASTER』は「加藤大治郎に捧げる」とのコメント入り。彼の事故があった2003年と2004年前半まででまとめてある。変わりゆくGP、がテーマだろうか。せつなくて、でもライダーの力を皆が信じていて、素敵な気分になれる。バイク好きのクリスマスにはぴったりのプレゼントだった。
[PR]

by ciclone | 2005-12-25 14:16 | エンタメ
2005年 12月 24日

パーティー

昨夜はお世話になっているバイク屋さんMSLアリエス主催のクリスマスパーティー。池袋のイタリア料理屋さんで、20名以上も集まって、わいわいがやがやと楽しくお喋り。知らない人ばかりかもと心配していたが、11月のツーリングでご一緒させていただいた方々の顔もちらほらと見え、酒が入れば気分もほぐれ、かなり楽しく過ごさせてもらった。プレゼント交換ではチョロバイ3台をいただき、相方がLUPICIAのお茶をゲットし、良かった良かったと喜び合う。

二次会にも半数以上が流れ、居酒屋でまたひとしきり喋る。Kawasakiの店だったはずなのだが、何故かBuell乗りの方が私の向いの席一列に5人もいてビックリ。そんなに走ってるのも見たことないんだけど…集まるものなんだろーか。

共通項はバイクだけ。それで十分なんだなーと、何だかやけに嬉しかったのだった。
[PR]

by ciclone | 2005-12-24 12:46 | エンタメ
2005年 12月 19日

バイク乗りの髪型

きっと男性陣には関係ない話。

現在発売中の『L+bike』vol.3でも特集されているごとく、女性陣には「キレイなバイク乗り」であることも大事。いや、取り立ててキレイである必要はないのだが、ヘルメットを脱いだら髪がへしゃーん、ぼさぼさーっ、なのは悲しい。だいたいが、髪を切りに行って、「バイクに乗るんでヘルメット脱いだ時に直し易い髪型にして下さい」と頼むのは…まあ有効だろうが、あまりしない気がする。バイクに乗る時以外にも、髪型とか髪の色とか、合わせないといけない場面はあるだろうし。そうは言っても自分はショートカットだしストレートだし、あまり困りはしなかった。けど、バイクに乗ってると髪の痛みが早いのは自覚していて、美容院に行くとヘアケアやトリートメントは念入りにお願いしている。今日も頭皮マッサージ付きトリートメントで髪はツヤツヤになった。

で、肝心の髪型。ショートでもヘルメットを脱いだ時にへしゃんとするのは避けられず、中途半端に伸びるとヘルメットの外に出てる分の毛先だけ外はねする。しかももうすぐ正月で、着物だって着るし、それも考えないといけない。うーん難しい。

というわけで、さんざん悩んだ挙げ句の本日の注文は、
「着物に似合い、尚かつ毛先はすっきり、前髪は短く、でも女らしく」
…いつもながら、無理な注文をナントカこなしてくれる美容師さんには頭が下がる。メットを被った時にどうかはこれから試すけど、首筋はネックウォーマーあるいはマフラー必需、だろうなあ。
[PR]

by ciclone | 2005-12-19 23:39 | 買い物
2005年 12月 17日

プレゼント交換

バイク屋さんのクリスマス会に参加することにしたので、今日はプレゼント交換のための品物を買いに出かけた。

で、困った。
「どんな面子で、何を持ってけばいいのだ?」
男の人が多いのかなーとか、アウトドアな人が多いのかなーとか、いろいろ考えてはみるのだけれど、予想がつかない。うーん、困った。
バイク用品が一番いいんだろうけど、1000円以内で買えるグッズって、何?

あれこれ考えた挙げ句、バイク用品以外にしようと決めて、なんとか準備できた。
しかし、これって喜ばれるのか?
やはりバイク用品がいいんじゃないのか?
クリスマス会は来週なんだけどさー。

うーん…プレゼントって、難しい。
[PR]

by ciclone | 2005-12-17 23:36 | 買い物
2005年 12月 12日

ちょっと変わったバイク本

今日、帰りに本屋に寄ったら、まだ平積み台にあったので取り上げてみる。ちょっと毛色が変わってていい。

バ・イ・ク
柳家 小三治 / 講談社
スコア選択: ★★★★

これは面白かった。

噺家がバイクに乗るというのは取り合わせの意外さで興味を引くのだが、これがなかなか頑張ってらっしゃる。バイクに乗るのと仕事をするのを両立させて、ツーリングしながら地方巡業しちゃうとこなんて抱腹絶倒もの。事故もあるけど、あったかい人情に包まれながら走り続ける。軽妙洒脱な語り口が楽しさを増す。
[PR]

by ciclone | 2005-12-12 23:07 | エンタメ
2005年 12月 11日

練習は楽し

レインボーモータースクール和光での初級サンセットに参加するのは、今日で3回目だ。要領が飲み込めて来て、割とリラックスして参加できた。

最初はいつも通り乗車姿勢、点検項目チェック、準備体操。防寒装備ばっちりもこもこの上からプロテクターをして体操するのは、なかなかにきつかった。発進に自信の無い人は本日3名。彼らは最初だけ別に発進練習をして、慣熟走行後半から合流した。今回の慣熟走行は、珍しくバイクのスクールをやっているコースを利用してのものだった。これまでは慣熟走行も全部、車のコースを利用してだったので新鮮な感じ。免許取得のために、散々苦労して走ったコースを、レーンも信号もぜーんぶ無視して走るのは楽しかったさ。

しばらくたって車のコースへ入り、いつも通りに慣熟走行とコース案内。今日は寒いので、慣熟走行は念入りにやります、との宣言があり、更に慣熟走行が続く。寒いとタイヤって温まらないものなのだなーと皆でタイヤに触って納得しつつ走る。コースはオフセットパイロンとブレーキ練習。オフセットパイロンは毎回やっているので大分慣れたが、このブレーキ練習が曲者だった。急制動、ではなく、ブレーキ練習。つまり「適当なブレーキで正しく止まる」練習というわけで、前につんのめった姿勢で止まらないように最後に少しだけ前ブレーキを緩めなければならない。これが難しい。何度目かでやっと「今の感じだからねー」と言ってもらえたが、自分ではいまいち掴みきれた気がしない。うーん?と首を捻りながら走っていたら、「じゃ、後ろ乗って」と久しぶりにタンデム講習となった。オフセットパイロンのアクセルタイミングと、適当なブレーキの感覚ってやつを教えてもらったのだが、自分でやると上手くいかないのは何故だろう。

10分の休憩後には、少し組み替えられたオフセットパイロンと、ストレートのパイロンスラローム。久々のパイロンスラロームは結構楽しかった。ブレーキ練習よりは簡単だったが、気分的な問題かも。バイクを車庫に戻す頃にはちらほらっと雪が舞い、寒いはずだよ帰り大丈夫かと心配しつつ解散。前回一緒だった方から「これからもよろしく」なんてご挨拶をいただいたりもして、心楽しく家路に着いたのであった。
[PR]

by ciclone | 2005-12-11 23:47 | バイクの運転
2005年 12月 11日

久しぶりの車

前回運転したのは3週間前だから、あまり久しぶりじゃないのかもしれない。けれども、それまでほぼ毎週、なんらかの形でハンドルを握るようにしていたので、ものすっごく長期間運転していなかったような気がしてしまったのだ。だいたいが、私はイメージ先行型の人で、頭の中で悪い方にばっかり考えてしまうのが良くない。それは重々分かっているのだけど、緊張しきってしまった心身には、言い聞かせても遅いのであった。しかも本日は「一人で」ドライブである。通い慣れたRMSまでなのだが、横であれこれ気を配ってくれる人がいないと思うだけで不安は倍増する。出発前なのにすっかり舞い上がってしまい、時間を間違うというおまけが付いてしまった。反省。

実際のところ、「案ずるより産むが易し」とはよく言ったもので、運転席に座った時にはまだ舞い上がっていたが、エンジンを始動し音を聞いている間にだんだんと落ち着いて来る。ライトを点してサイドブレーキをはずして、ゆっくりと車庫から出て行く。信号待ちの車の列が捌けて、えいやっと公道へ乗り込む。すぐに赤信号で停止。ふうっと大きく溜め息。なんとか落ち着いたみたい。日暮れ時、まだ完全には暮れてないこの時間は、私の最も苦手な時間だ。注意深く、気を逸らさずに、慎重に、それでもスピードはきちんと出せるようになってるのが以前と違う点か。無事に事故も無く行って帰って来られて良かったよ。
[PR]

by ciclone | 2005-12-11 23:16 | 車の運転
2005年 12月 10日

ピカピカ

本日昼間に、(株)山城までCR-1加工してもらったEstrellaを取りに行く。作業所の中には加工済みのEstrella…新車かと思うほどピッカピカ!まるっきり納車時の新品に戻ったようだ。加工前には徹底して洗浄、キズ消しをするとは聞いていたが、まさかここまでになるとは。嬉しさに顔が緩む。しかも作業所内で色や形が評判良かったらしい>Estrella。更に嬉しい。

料金を払って、今後の注意を聞く。
この後2週間は水をかけないように要注意。万が一かかってしまったら、すぐに乾いた布で拭き取らないと、輪ジミみたいになって残ってしまうらしい。2週間するとガラス皮膜が完全に硬化するので大丈夫になるのだそうだ。その後は水洗いだけでもかなり汚れの落ちるエラい状態になるはず。早く威力が見たいなあ。

1週間ぶりなのでエンジンかかるかなーと心配したのだが、杞憂であった。先日アイドリングを調整してもらったおかげか、スムーズにかかって発進。家まで短距離だけどピカピカのバイクを見せびらかす気分で走る。信号待ちで止まると、キレイなタンクに自分の姿が映り込んで鏡のようだ。勿論、帰ったらすぐに念入りにカバーをかけた。雨が降りませんように。
[PR]

by ciclone | 2005-12-10 18:57 | 買い物
2005年 12月 04日

1ヶ月点検

先週ツーリングから戻って、そのままバイク屋さんにEstrellaを預け1ヶ月点検をしてもらった。昨日はその引き取り。頑張って開店時刻に間に合うように起きた。受け取った後、そこから約6kmだけ乗って、そのままCR-1加工をお願いする(株)山城CR事業部に持って行かねばならなかったからだ。

1ヶ月点検はエンジンオイルの交換が重要だそうだ。こちらからお願いして調整してもらったのは、リアブレーキのランプの接触。ブレーキを踏んでいるという意識がないくらいの浅い接触だけでもランプが点いてしてまっていたのだ。他は特に問題なかったので、書類確認してお金を払って、さて乗って行こうと思ったらエンジンが…相変わらずかかりにくいー。寒かったせいもあって何度も止まってしまう。見かねた店の人がアイドリングの調整をしてくれて、やっとかかった。困ったもんだ。

走り出したら、バイクが軽い。何故?前回は高速道路で、風圧があって重ーい感じで走っていたので、一般道路だと軽く感じるのだろうか。まあ、気分良く走れて良かった。

(株)山城CR事業部は足立区にある。もともとはバイク用品の流通会社で55年の歴史を持ち、いまでもそちらは主力としてやっているのだが、将来的な展望を考えてCR-1加工を始めたところが大当たり。現在では取り扱いをしている店が全国規模で広がっているそうだ。そんなことを話してくれながらテキパキとEstrellaのチェックをし、洗浄を含む手当の必要な箇所を教えてくれる。たった2ヶ月でも結構細かいキズがつくものなのだなあと驚き。私の後にはハーレーが持ち込まれる予定になっているらしい。大型の輸入車が多いそうだが、それはそうだろう。手に入れるのにかかってる金額の桁が違うもの。ひょっとしてEstrellaにCR-1を施すのはやり過ぎか?という気がちょっとしてきたが、ヘルメットにやっている人もいるらしい。バイクをいつまでもなるべくキレイに保っておきたい、という気持ちは強いのでいいだろうと思いやってもうらことにする。来週、ピカピカになって帰って来るのが待ち遠しい。

で、家に帰ったらKawasakiからスポーツタオル(motoGP版)が届いていた。しばらく前にKawasakiのサイトでやっていた東京モーターショー関連のアンケートを回答したので当たったらしい。何でも応募しておいてみるもんだ。ラッキー。
[PR]

by ciclone | 2005-12-04 22:43 | バイクの運転