転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

電動スクーター

本日職場で昼休みに東京モーターサイクルショーサイトを見ていたら、バイク好きな数人が寄って来た。ちょうど試乗会のとこを見ていたので、自然とどれがいいかって話になる。で、私が電動スクーターに興味あると言ったところ、なんとすでに電動スクーター体験者がいたことが判明。しかも彼はレンタルでしばらく乗り続けたことがあり、職場と自宅の両方にチャージ用機械を置いていて上司に「横領?」と言われたそうである。(そうなのか?(^^;?)

そのスクーターは試乗してみたいと思っているEC-02の先代となるEC-01。どんなに頑張っても40km/hまでしか出ず、しかも1回チャージして航続距離14km程度だったとか。それで環七を走るのは怖かったそうだ。モニター期間だけ乗り続けたが、頼まれても買わない、と思ったそうで…さすがに幹線道路を走る用の乗り物じゃないんじゃないかとは思う。住宅街でちょっとそこまで、をやるにはエコだしいいんじゃないかな。EC-02になって何が変わったんだろ?それも含め、やっぱり興味ある。頑張って乗って来ようっと。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-30 23:26 | 雑記
2006年 03月 28日

もうすぐ

いよいよ今週末は東京モーターサイクルショー。お楽しみの一つは試乗会。普通二輪免許を取ったので、試乗会で乗れる車種が増えたわけだし。そろそろ試乗予定車両も発表されているだろうとサイトを覗きに行ったら、さすがにもう予定車両一覧が掲載されていた。

気になりまくってるKawasakiW400あり、スクーターに乗ってる頃から憧れているVESPAの250IEもあり。1メーカー2種類くらいのバイクを出してるんだけど、外車系が結構多いかな?ま、さすがに大きいのは展示車両に乗っかってみるくらいでいいんだけどさ。レディススクーター試乗会の方にはYAMAHAの電動スクーターEC-02が出るようだ。うーん、どれに乗ろう?迷うー。何回も並んで3台とも乗るか?それじゃ一日つぶれちゃいそうだしなあ。

サイト入り口には当日割引券付きアンケートもあったりして、行く準備しなくちゃって気分が高まる。わくわく。楽しみだあ。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-28 23:23 | エンタメ
2006年 03月 27日

引き起こし

3年ぶりくらいに会った友人に、バイクの免許取ったんだよ!と言ったら、
「…バイク、引き起こせるの?」
と訊かれた。
ひどい!と憤慨して見せるのは簡単なのだが、そうは言えない。何故ならば、自分のバイクを手に入れて半年、私は自分で自分の愛車Estrellaを起こしたことがないからだ。

スクーターに乗ってた頃には何度かひっくり返して起こしてたが、あちらはせいぜい60-70kgのもの。バイクは、250ccの我がEsttrellaと言えども150kg近くあるのだ。先ずはひっくり返さないことが大事。二番としては、誰かに助けていただく努力を。実際のところは先日の駐車させようとして転した以外には、まだ倒してないけどね。

教習所で、力じゃなくってテコの原理で起こすと習いはしたが、実際はそうひょいひょいは起こせない。全然できないってわけじゃないけど、起こそうとして二次災害を作るよりは、他力本願にした方が安全なのだもの。まあ、こんなこと言ってる限り、一人で走りには行けないんだけどね。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-27 23:49 | 雑記
2006年 03月 26日

motoGP開幕戦 決勝

motoGP第1戦スペインGP、ヘレスサーキット。

125ccクラスは地元スペインのバウティスタが初優勝を飾って終わる。いつものことながらこのクラスは、レースに動きがあって面白い。坂田和人氏の適切な解説もあってのことかな。ミカ・カリオが表彰台に乗れなかったのは残念。足首骨折を押して出場した小山は12位で終了。まあ完走できたのでヨシとしよう。早く治して万全な状態で走って欲しいもんだ。それにしてもKTM速いな。

250ccはフロントローに高橋裕紀と青山周平、セカンドローには青山博一と3人の日本人が頑張って並んだ。関口がまたも大腿骨骨折で欠場。デビュー戦の青山周平、いきなり2周目でぶっ飛んで終了。怪我はなさそうで良かったことだ。高橋が先頭集団に喰らいついて必死で走ったが、徐々においていかれて後退…してたと思ったら最後になって3位争いに参戦。最後の最後で4位になったが、バルベラ、ドヴィツィオーゾと三つ巴のレースは見応えあった。青山博一は手堅く走行し、6位。優勝はこれまた初優勝でロレンツォ、2位がデアンジェリス、3位ドヴィツィオーゾ、4位高橋、5位バルベラ。いやあ、面白かった。青木拓磨の解説は相変わらずレース画面と無関係なとこに飛んではいったが、去年よりマシになっていた気がする。スーツ姿にごまかされてるか?

motoGPクラスはフロントローにカピロッシ、ジベルノー、中野真矢。DUCATI速いやねぇ。タイヤではブリヂストンが調子いいようで嬉しい。山田さんもレポート書くのに気合いが入るってもんだね。解説は辻本聡、宮城光両氏。ロッシがスタート直後の第一コーナーでエリアスと接触転倒していきなり大波乱。ジベルノウはマシン・トラブルで3周目にしてリタイア。5周目にしてカピロッシは先頭を独走。それを追っかけて、最高峰クラスデビュー戦のペドロサが走る走る。18週目、カピロッシの真後ろにぴったりと貼り付いたペドロサ。地元スペインの観客は大喜び。あと3周ってとこで再び差が開いたが、先が楽しみな走りっぷりだった。抑えきったカピロッシは、さすがベテランと言うべきか。優勝はカピロッシ、2位ペドロサ、3位ヘイデン、4位エリアス、5位メランドリ。ロッシはレース復帰して14位でチェッカーを受けた。レース直後にエリアスが「ごめんよー」って速攻で謝りに行っていた。中野は7位、フロントローだったのになあ。玉田10位。スタート前にカメラが寄って行ってもシールドで顔を隠しちゃってて、ちょっと暗かった。大丈夫かな?何にせよ、今年のレースは楽しくなりそうだ。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-26 21:59 | エンタメ
2006年 03月 26日

motoGP開幕!

2006年シーズンのmotoGPがスペイン・ヘレスサーキットで開幕。G+で予選を観戦。なんと、中野真矢が予選3位!すごい!1位はカピロッシで、ほんっとーにぶっ飛んでて速かった。2位のジベルノーはDUCATIに移籍して復活って感じ。ロッシは9位といまいちな発進。ヘイデンの4位は納得としても、ペドロサ、ドプニエ、エリアスあたりが予想外に速かった。玉田16位…フル参戦するライダーって19人だけじゃなかったっけ…頑張れよー。

というわけで、決勝レースは日曜午後6時からG+で生中継。わっくわくな夕べになりそう。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-26 02:03 | エンタメ
2006年 03月 25日

アンケートをやった

HONDAセーフティースクールの申し込み方が、電話だけからweb予約対応に変更されて2ヶ月。HONDAからアンケートに答えてねとのお願いメールが来たのでやってみた。すごく簡単なアンケートで、モノの5分で終了。要するにweb予約の評判を聞きたいってことね。

私は割と面倒くさがりやで、アンケートはあまり好きじゃない。でもバイクに乗るようになって、バイク関連のアンケートやらグッズ関係のアンケートやら、結構マメにやるようになった。回答者の総数が、それで少しでも上がればいいなと思って。今週末から始まるmotoGPが、NHKのBSからでさえ見られなくなったり、ETCがいつまでもぐずぐずと二輪対応について進まなかったり(さっき見つけたとこによるとこれは少し進んだようだが)、二輪駐車場があまりなかったり…バイク好きな人達って、いろんな意味で冷遇されてるよなーと思うようになったので、たかが数分で答えられるアンケート1通でも自分が参加できるならしようと。ネットを見てるとあちこちにバイク関連の熱いブログやらサイトやらがあるのになあ。

そんなわけで、マンション全体がCATV対応であったことに感謝しつつ、今夜はG+でmotoGP予選を見るのであった。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-25 15:43 | 雑記
2006年 03月 21日

バイクのカバー

週末からの強い風で、バイクのカバーが飛んで行くこと飛んで行くこと。被せても被せてもはがされてしまう。しかもよく見たら、何故か右側面の下の方に穴が幾つもあいている。いつの間に?バイクを買った時にバイク屋さんがおまけで付けてくれたカバーだったので残念。まあ、ゴムで軽く絞られる形にはなるけど、真ん中の下で結ぶ紐も短いし、ワイヤーチェーンロックも通せないし、その上さらに飛んだり穴が空いたりしたんじゃ仕方ないので、諦めて新しいのを買ってきた。

カバーは2000円くらいのから1万円まで幅があり、いろいろ特色はあるらしいのだが、まあ中庸を取って5000円くらいのを選ぶ。YAMAHAワイズギアの新しいカバーで、盗難防止対策推奨品とかで、立体裁断かつスソ絞りタイプ。全体はシルバーだが前方中央だけブルーになっており、かける時に前後が判別しやすいという工夫だそうだ。早速かけ替えたが、一人でぱぱっと作業出来たし、スソを絞るのも簡単だったし、これで本当に飛ばなきゃ上々だろう。だからって、強い風に吹いて欲しくはないけどさ。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-21 16:04 | 買い物
2006年 03月 20日

ヘルメットの運び方

月1回は和光の初級サンセットか桶川の初級クラスに参加しているので、その度にヘルメットを持ち運んでいる。ヘルメットを買った時に着いていた薄い巾着袋に入れているのだが、気をつけていてもあちこちぶつかることはあり、キズが付くのが心配で。昨日は早めにスクールが終わったので、帰宅後一息してから練馬のNAPSへ出かけてみた。

ヘルメットバッグは時々物色してみていたのだが、いまいち気に入るのがなくて買わずにきていたのだ。NAPSではヘルメットのコーナーにYFdesignFORZASIMPSONのバッグが天井から吊った状態で展示されていた。見上げてあれこれ言っていたら、店員さんが来て下ろしてみせてくれた。SIMPSONのは一番高いのに(っても2000円以内の差だが)一番平凡なただのバッグ。YFdesignのは形が綺麗なのだけど、持ち手が短め、外ポケット付き。FORZAのはアシンメトリーで変わった形、持ち手は割と長めで、外ポケットが大きい。うーん…しばし悩んで、FORZAに決定。決めては持ち手の長さと大きなポケット。底面にはバイクに載せる時用にストレッチコードも付いている。店にはシルバーと黒があって、他にも赤、オレンジ、青などが取り寄せ可能ということ。見ているうちに黒が気に入り、その場で黒を購入した。

帰って早速ヘルメットをバッグに入れてみる。かなり大振りに出来ており、Z-4を入れて動かないように外付けベルトで大きさ調整。うん、いい感じ。外ポケットにグローブとヘルメット拭き用のクロスを入れて出来上がり。持ってみると、固定ベルトで押さえたおかげで安定感があり、持ち手も長めになっていて持ち易い。いいじゃない?次の持ち歩き機会が待ち遠しいかも。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2006-03-20 23:50 | 買い物
2006年 03月 19日

春の嵐

低気圧の影響で日本列島太平洋側で大風が吹き荒れた一日だった。しかし今日は交通教育センター・レインボー埼玉でバイクのスクールが開催される日。桶川駅でバスに乗り込んだ時から、雨が降らなくて良かったねでも風が強いねとは皆で言い合っていた。インストラクターからも「風が強いので気をつけよう、午後からは寒くなるらしい」という程度には言われていた。でもまさか、大風のせいでスクール中断になるなんて、誰も思っていなかったよ。

上級コース、バランスファースト、初級コースが開催されていて、我々(相方と私)は例によって初級コース参加。「転ばないように頑張ります」ってコメントがやけに多く聞かれる自己紹介タイムの後、「バイクを真っ直ぐ立てれば指一本で支えられる」はずと皆でやってみる。出来なくはない。並び順が最後だったので、慣熟走行では最後尾。Hornett、いきなり重い。エンジンブレーキが異様によく効く。アクセルを少しでも緩めると止まりかける。これは疲れる。まあ効かないよりはいいか。広いコースへ移動するのも、砂埃が強く舞っていて走りにくい。

これまで2回のスクールでは、最初からオフセットパイロンだったが、今日はストレートパイロンとブレーキ練習からスタート。ブレーキ練習では時速40kmで4速以上のギアにしている状態から右手、右足だけ使って止まるようにとのお達し。エンストしてOKだそうで…ってか、それ必ずエンストするじゃん。要するにアクセルを戻してブレーキを前後ともしっかりかけてフォームを保持して止まる練習らしい。休憩中は風が強いのでバスに避難。何人も乗ってるのに風に揺さぶられる。休憩後は少し走っただけで昼食タイムになった。

昼食タイムは1時間。WBC準決勝の日本×韓国戦をぼーっと眺めて終了。再びバスでコースへ戻り、午後はオフセットパイロン。左手を放して、右手だけでハンドルを操作して、ニーグリップと上半身の方向で曲がっていく練習。怖くて手が離せない…怖いなら無理しなくっていいよーとのお言葉に甘えて両手で何周かする。そのうち何だか出来るかもって気がして右手だけにしてみたが、やはり3回くらい曲がると怖くて両手になってしまう。この頃になると風がいっそう強くなっていて、砂埃が当たって痛いし、ハンドルを取られるしというのも大問題。パイロンが転がってコースが勝手に変わるしね。休憩で再びバスに避難。上級、バランスファーストの方々も一緒に避難。そして、とうとうスクール中断の決定が下されたのであった。

中断で終了したので、走ってる時間はいつもより短かったのだけど、とにかく疲れた。なんせ真っ直ぐ走れないのだもの。曲がるのも追い風と向かい風で全然違う。煽られて転ぶ人が頻発だし、転ばないまでもよろよろとしか走れない。バイクを格納庫まで移動させてる時に前を見たらば、真っ直ぐな道なのに皆様ななめって走っていた…真っ直ぐ走るためには、風に逆らわねばならず、そうすると自然と斜めになるのだな。帰りのバスも揺れがすごく、しかも信号が見えないほどの砂埃。よくさっきまで走ってたよなーと感心するやら呆れるやら。このリベンジは、また二ヶ月後かな。
[PR]

by ciclone | 2006-03-19 22:10 | バイクの運転
2006年 03月 18日

やっと!

オドメーターが1002kmに到達した。ここまで半年がかり。長い道のりだあ。

来週のバイク屋さんツーリングはMotoGP開幕戦に負けて参加しないことにしたので、一足お先にと国営武蔵丘陵森林公園まで行ってみた。朝9時半に出発。混んでいるであろう環七を避け、和光から谷原へ回って関越自動車道へ。私としては高速道路は怖いので遠慮したかったんだが、これも練習、と説得されてしまったのだ。練馬から東松山まで40km弱だそうな。とりあえず、最初の三芳パーキングエリアで一時休憩をとる。少し渋滞気味だったおかげで、最高時速80km/h程度しか出さずに済んで、一部は三速と四速のギアをこまめに切り替えつつ走るという、とても高速道路とは思えない感じで無事に東松山I.C.まで走り、更に一般道4kmで到着。

e0056704_22512082.jpg森林公園南口にバイクを停めて、400円払って入場。まっすぐ梅の咲いているエリアを目指す。シートを敷いてお弁当を食べている人もいるにはいたが、桜の花見よりもずっと静かで地味な花見のようだ。まあ、梅は桜と違って、じっと咲き定まっている感じがするので、その差なのかもしれない。福寿草は蕾のものが多かったが、黄水仙は見事だった。

午前中は晴れていて暖かかったが、昼を過ぎると徐々に雲がかかって寒くなってきた。夕方になると雨が降るとの予報だし、降る前に帰ろうと早々に家路を辿ることに。昼食は高坂のサービスエリアで取ることにして、ついでにその時に給油だねと言って出発。高坂S.A.で駐輪スペースを目指していると、相方のバイクが挙動不審。ん?どしたの?
「…リザーブにした」
って、そこまでなかったんかい!私には気をつけるように言うくせにー。困ったもんだ。

高坂の美味しいビビンパ定食を食べ、山菜の漬け物などを買い込み、給油もして出発。風が強い。時速80km/hを超えると、風のきつさは際立つのだが、それにしても向かい風がきついぞ。ハンドルを取られないようと余分な力が入って疲れる。練馬I.C.まで行くと渋滞なのは確実なので、一つ手前の所沢I.C.で下りて朝霞、和光を抜けて帰宅。バイクを停めて、カバーをかけて、家に入ろうと思ったら雨が降って来た。ギリッギリでセーフ。本日走行距離118km。Estrella総走行距離1002km。ちょっと感動。さて、明日は2ヶ月ぶりのスクールだ。
[PR]

by ciclone | 2006-03-18 23:58 | バイクの運転