転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 27日

西伊豆ツーリング(その4)

さて明けて2日目。朝8時に朝食をいただいて、雨が降らないうちに帰ろうとさっさと出発。先ずは海岸沿いを走って戸田へ向かう。駿河湾を展望できる碧の丘で一休み。昔バイクに乗ってたんだよーという御老人がいてお喋りしていたら、下からバイクの音が立ち上ってきて、続けざまに7台のバイクが通り過ぎて行った。皆さま先をお急ぎだね。こちらも負けじと再び出発し、山道をクルクルと楽しんでだるま山高原レストハウスでコーヒータイム。本当なら駿河湾ごしの富士山が美しく見えるスポットなのだけど、生憎と天気が悪くてもやっている。ぼんやりと浮かぶ富士も美しいが、ちょっと残念だった。

少し土産物を仕入れたりもしつつ、昼ご飯までにと三島を目指す。ここからだと沼津港に出ておいしい魚介類というのもチョイスにあるのだけど、天気が悪いから早めに帰ろうというのと、三島でも美味い鰻が食べられるらしいという情報で三島になったのだ。雑誌でお勧めになっていた『鰻よし』を目指したが満席で入れず。1時間待ちで席についてからも長く待つのでは帰れなくなるからと諦める。仕方ないから足柄S.A.で何か食べようかなんて言っていたら、沼津I.C.直前で鰻を食べさせる定食屋を発見した。そそくさと入って鰻重4つ!と注文する。うまいーうまいー。鰻そのものの美味しさは成田山のが上だったかもしれないけど、これも十分に美味であった。

沼津I.C.から東名高速。御殿場I.C.のとこで「東名高速で最も標高の高いI.C.」と看板が出ているのを見つけた。そうなんだ。道理で肌寒いはずだ。足柄S.A.で給油と休憩をして、渋滞情報もチェックだ。東京料金所前はさすがに混んでるけど、そこまでは順調に流れているらしい。「じゃあ次は港北P.A.ね」とのリーダーのお言葉があり、まあ海老名S.A.と港北P.A.は17kmしか離れてないし、混むのは横浜町田I.C.付近とかだからそこより東京寄りの港北P.A.が適当かなと了解して出発。しかし、これが甘かった。途中で「やっぱ海老名に寄りたいよー」と泣きながら走るはめに。意外と遠かったのだよ、これが。頑張って走って港北P.A.で最後の休憩。リーダー以外の3人は揃って泣き言を言っている始末であった。

ここから先は首都高までは一緒だけど、谷町JCTで二手に別れる。帰り着いたらまた打ち上げに行くのだけど、とりあえずはここで解散てことにして出発だ。しかも東京料金所前も首都高も工事渋滞していてのろのろしか動かない。おかげで「バイクが熱い」ってこのことかーとしみじみ実感できてしまった。これまで寒い時期や雨の日が多かったので、バイクが暖かいと感じても、熱いとまで思ったことはなかったんだよね。確かに、暖かい季節で、日が照っていて、ゆっくりしか動けないと、エンジンは熱いものだ。納得した。

首都高に入ったところでいったん離れてしまった2台と、谷町JCT手前でちらっと会えて、じゃあねと挨拶を交わす。うちらは5号線で帰るのよね?と思っていたら、そちら方面に赤い表示…渋滞してるじゃん。どうするのかと思っていたら、どんどん違う方へ連れて行かれる。あの…隅田川沿いから荒川沿いに出て帰ろうとしてるんだろうってことは理解できたんだけど、これって私の一番嫌いな左側ガードレールなし状態が延々と続くってことじゃ…。自然と身体がセンターラインに寄って行き、右車線を走っている車にクラクションを鳴らされる。怒られても、怖いものは怖いんじゃいっ。落ちるよー怖いよー怖いよー落ちるよー。それまでは、免許とって1年半経って、かなりまともに走れるようになったわなんて思ってたのに。かっちこちになってバイクにしがみついたまま何とか首都高クリア。下りてから家まではすぐだったけど、バイクを停めたら体がバキバキになってた。

シャワーを浴びて、電車に乗って、上野で最集合して打ち上げ。2日間で走行距離は441km。最後は怖かったけど、そこまではとっても楽しかったので是非また行きたいと思えたツーリングだった。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-05-27 21:33 | バイクの運転
2007年 05月 27日

西伊豆ツーリング(その3)

土肥温泉へと分岐する道は、ちょっとばかりわかりにくい。確か以前車で来た時にも迷いかけた覚えはあった。今回も危うく通り過ぎるかと思われたが、直前に気がついて左折できた。しかし、その先にも難しい分岐が…。下り坂を直進すると小さな部落へ、そして左折すると国道へという分岐らしいとこで、先頭が直進方向へ一瞬行き過ぎて急停止。下りだったものだから、慌ててブレーキングしたけど思ったよりもほんの少し先までバイクが進んでしまい、前の2台にあわや追突ってとこまで行って止まる。はー怖かった。そして向きを変えようとしたMR嬢のドラッグスターは前輪が溝にはまり込んで脱出困難に。とりあえず1台ずつ正しい道の脇に寄せて、皆でドラッグスターを力を合わせて救出。Ninjaはいったん坂を下りた先でUターンして戻ってくることに。途中で大きなトラックが曲がってきたけど、なぎ倒されもせず無事に通過していってくれた。さすがプロの運転だあ。とにかく誰にも怪我がなくって良かった。

そこからは町中を抜けて土肥温泉へ。本日のお宿は正しくは「八木沢温泉」になるので、土肥温泉は通過した先まで行く。ペンションいずみという小さな宿だが、GW明けの週末ってことで他には客もいなくて駐車場には我々のバイクのみ。ダイニングからバイクが見えて、それを見ながら舟盛りの夕飯という豪華さだ。小さいながらも温泉もあって、身体を温めてマッサージをして、のんびりと夜を過ごす。明日は午後から天気が崩れるらしいので、早めに帰るようかなとか相談しつつ就寝。いい夢見て、明日も頑張って走ろうね。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-05-27 12:50 | バイクの運転
2007年 05月 21日

遠征

ツーレポもGP戦も放置して、宮古島へ遊びに行ってきた。これぞ休暇!って感じで遊び倒して、今は日焼けと筋肉痛に悩まされてる。

ベイブリーズホテルというホテルの宿泊と、往復の飛行機、それにレンタカー付きの手配旅行は、同行のC嬢が見つけてきた。宮古島なら高校時代からの友人が移住してるから遊んでもらえるだろうしいいか。レンタカーあるなら私が運転するよ。…気分よかっなあ、このセリフ。「私が運転するよ」だって。2年前までペーパードライバーだった人が!やれば出来たんじゃんねぇ。

実際のところは、宮古島在住の友人がずっと運転しながら案内してくれて、私は中日にちょろっと運転しただけだった。時速40km程度でも、細い田舎道だったりしてスリリング。両側から覆い被さってくるような植物の間を抜けて走る機会なんて、普段はそうないしね。行きも帰りも、海の真ん中の橋を渡るのは、すごく気持ち良かった。また行きたいな。
[PR]

by ciclone | 2007-05-21 22:20 | 雑記
2007年 05月 20日

ソーミンチャンプル

e0056704_16171142.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-20 16:17
2007年 05月 20日

通り池

e0056704_135561.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-20 13:05
2007年 05月 19日

ムスヌン浜

e0056704_18213373.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-19 18:21
2007年 05月 18日

ランタナ

e0056704_14285673.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-18 14:28
2007年 05月 18日

バナナ

e0056704_14241335.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-18 14:24
2007年 05月 18日

マングローブ

e0056704_13101224.jpg

引き潮なので根っこまで見える。
[PR]

by ciclone | 2007-05-18 13:10
2007年 05月 18日

ここはどこ?

e0056704_12522754.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-05-18 12:52