転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 16日

福島秘湯ツーリング(2日目)

明けて朝5時。隣室の話し声で目が覚める。ここの宿は純和風。隣室は壁で分かれているが、縁側の方ではつながっており、衝立てがあるだけで天井近くは筒抜けのため、声はよく響く。話し声によると、日の出が5時45分だったらしい。そこまでは聞いてたけど再び眠りの世界へ。次の目覚めは7時だった。炭酸鉄泉の風呂にささっと入浴し、充実した朝食をいただいて出かける用意をする。宿代の精算をしに行ったJ氏が、宿の廊下に『悪魔の手毬唄』撮影時の記念写真がかかっているのを発見して大喜びで戻って来る。帰りがけに一目見たが、いい具合に色褪せた写真だった。

宿の前で女将さんに記念写真を撮ってもらい、駐車場に上がって荷を積む。「上りはとにかくしっかりクラッチをつないでアクセルあけて、リアブレーキを使ってフロントは絶対につかわないで、思い切って!」という皆様方からのアドバイスを口の中で唱えつつスタート。思いのほかバイクはちゃんと走る。20km/hベタでなんとか山道を抜けた。そこから今度は磐梯吾妻レークラインを目指すが、これがどこからがレークラインだったんだかよくわからないくらいずっとワインディングみたいな道だった。朝からなんだかすでに疲れて体力落ちてると実感していたので、かなり慎重になる。(後で聞いたら、慎重になり過ぎてて後続車は怖かったらしい…)。無線で先頭にペースダウンをお願いしたり、休憩をお願いしたりとわがままを言いつつ、なんとか無事にお昼過ぎに喜多方到着。

喜多方だ、ラーメンだ!と、早速ラーメンを食べるべくお店を探すが、昼時だけあってどこも混んでいる。比較的行列の短かかった『上海』という店を選んで並び、チャーシューメンを注文。旨かった。食後は腹ごなしに散策。喜多方は蔵の町で、蔵を活かしたお店やギャラリーが点在している。先ずは『大和川酒蔵』という現在は使われていない酒蔵の見学をして、『酒星眼回』と素敵に名付けられた酒を買う。服でぐるぐる巻きにしてサイドバッグでOKだろう。すぐ側の『夢屋』で珈琲を一服し、すっかり和んで帰路につくことに。給油に寄って、会津若松I.C.を目指す…が、渋滞してそうなのでと進路変更し、磐梯河東I.C.から磐越自動車道に入り、いったん磐梯山S.A.で一息入れた。

当たり前だがそこからは高速道路をひたすら走って東京を目指す。とにかくS.A.ごとに休憩してくれるようにお願いし、その度ごとにトイレと売店に行くものだから、時間がかかって仕方なかったんじゃなかろうか。しかも日暮れてきて薄暗い時間帯になり、私は極端にペースダウンしたり。逢魔時は苦手だ。那須高原S.A.で少し早めの夕食をとり、最後のひと頑張りと頑張って走る。暗くなったので巡行速度は10km/hほど落としていただいた。一部だけ渋滞にひっかかって擦り抜けをしたところがあったが、ほとんどは渋滞のしっぽを追いかけながらで調子良く行けたかと。蓮田S.A.で最後の顔合わせをして解散。自宅着はほぼ23時だった。2日間の総走行距離は711km。こんなに走ったのは初めて。かなりぐったり疲れたけど、それだけの距離を走りきったと思うと嬉しい。連れて行ってくれた皆様、ありがとうございました。またよろしく!

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-10-16 23:58 | バイクの運転
2007年 10月 14日

福島秘湯ツーリング(1日目)

朝6時半に高速道路状況をチェックしたところ、まだ渋滞なし。よしよし楽勝、と暢気に7時頃に家を出る。荷物を積み、無線をチェックして出発。環七、首都高、東北自動車道を行って、蓮田S.A.で待ち合わせ。すでに渋滞が始まっていて、予想外に30分遅刻。同行者3名はすでに到着しており、平謝りである。ここから5台で福島県は裏磐梯を目指す。先頭が相方J氏でNinja、2番目にMR嬢Dragster250、真ん中が私のEstrella-RS、大阪から参加のT氏CB400SS、最後尾をN氏9R。1、3、5台目に無線あり。久しぶりに走る高速道路はやはり風を強く感じて疲れる。サービスエリアごとに休憩してもらい、福島西I.C.で下りる前に安達太良S.A.で昼食。きのこのワッパ飯にいものこ汁が付いてボリュームたっぷりなのに、更に笹団子まで付いている。いや、美味かったがな。

高速を下りてから、磐梯吾妻スカイラインへ入り浄土平を目指す。ここは何年か前に車で来たことがあったらしい…らしい、というのは、道を全然覚えてないから。その頃は自分じゃ運転しなかったからなー。浄土平が近づいてやっと、なんだか見たことがある風景だなーと思い始めたくらいで、ほんとに覚えてなかった。浄土平から吾妻小富士に上り、しばし頂上で景色を眺める。それにしても寒い。途中での気温表示は11℃を示していた。そら寒いわ。高い所に登ったら寒くなるのは当たり前なんだが、それを考慮しておかなかったのが失敗だ。背中にホッカイロを貼付けて何とかしのぐ。そこから土湯峠へ下りて、土湯温泉を通り過ぎて一軒だけ離れたところにある秘湯の宿、不動湯温泉が本日の宿だ。土湯温泉で買い出しをして、細い道をひたすら登って行く、と。

「不動湯まであと2km」という札があり、示す方へは砂利の敷き詰められた山道が続く。道幅は車1台がやっと通れるくらい。先ずは緩やかに上り、途中から下りに変わり、道はどんどん悪くなる。山道が始まった頃には、日はとっぷりと暮れた。それぞれが、なんとか自力で道を進まなければならない。後から考えれば、私のバイクは一番山道では有利だったようだ。軽いし、乗車姿勢的にもステップバーに立つこともできるしリアブレーキも踏み易い。それでも十分怖かった。他のバイクは重過ぎたり、乗車姿勢に無理があったりで、かなりつらい道となった。

それでも何とか全員が無事に駐車場に辿り着けた。日帰り入浴に来たらしき車のカップルに同情されたりしつつ、バイクを並べ、荷物を降ろして、細ーい道を歩いてやっと宿屋に到着。廊下で出会った他のお客さんに大変そうねーと同情されつつ部屋に入り、やっと一安心。さっさと風呂に入りに行くことに。しかしまたこの風呂が、日本の伝統的な男女区別なしのお風呂だった。婦人風呂は2名用の狭ーいのが一つあるだけ。男性陣は炭酸鉄泉の風呂に、女性陣は狭い風呂はいやじゃーと、羽衣の湯という名前のついた単純泉に入った。貸し切り状態だったからヨシとしよう。地のものを豊富に使った美味しい料理とビールで夕飯をいただき、くつろいで過ごし、もう一度風呂に入ってあったまり日付が変わる前には早々に就寝。走行距離350km。お疲れさまでした。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-10-14 23:35 | バイクの運転
2007年 10月 14日

『オートバイ』

オートバイ
中野 シズカ / / 青林工芸舎
スコア選択: ★★★★★

キラキラと静かに幸せにしてくれる絵本。

オートバイ乗りには、宝物みたいに思えるかも。

今日のオーストラリアGPでは、ゲスト解説の方々が喪服を纏いノリックの思い出を語ったり、レースの解説などの中でもノリックを偲ぶコメントが自然に出てきたりと、いかに彼が愛されていたのかをまたまた深く実感した放映になっていた。観戦後、ぼーっとしたまま、この本を手に取っていた。キラキラと走り出すオートバイに、いろんなものを重ねて読むのはいつもなのだけど、今日は当然のごとくノリックが重なる。天国で、先にいる皆と一緒に走ってね。

にほんブログ村 バイクブログへ


[PR]

by ciclone | 2007-10-14 20:37 | エンタメ
2007年 10月 12日

お別れ

今年は我が家で人との別れに泣くことが多い。相方の大学時代からの友人が病死し、私の従弟が事故死した。ライダーの方々の事故も続く。おかげで、生きている相手に対しては、まあまたどこかで会えるよね、と気楽に別れの挨拶を交わせるようになった。すぐに会える場所からいなくなるのは悲しいけど、生きてればまたどこかで会える。死んでしまった人とは会えない。でも、彼らも存在しなくなるわけじゃない。いろんなものを遺していってくれてるのかもなーと、特に従弟の四十九日が過ぎた辺りから思い始めた。

とは言え、やはり別離の時は悲しいものだ。ノリックの場合は、特に事故が事故だから堪らない。それに私みたいに浅いファンがお通夜に行っても…とも思ったが、相方が通夜も告別式も参列できないと言うので、代理のつもりで行ってきた。とにかく人の多いお通夜だった。ノリックの明るい笑顔の写真が、レーシングスーツやバイクやメットと共に飾られていて、献花台にはトロフィーを掲げるとびきりの笑顔の写真で、花を手向けてから写真を撮っているファンも多かった。そういう風景を眺めていたら、やっと「やすらかに…」って思えて、献花できた。守衛さん達が、献花を終えて帰るファンに丁寧に頭を下げてくれた。私が帰る頃にもまだ、駅の方からは喪服を纏った人が次々とやってきて、どんどん人は増えていた。明日はきっと、もっと多いに違いない。愛されたライダー、阿部典史氏のために。…安らかに眠られんことを。

Valentino Rossi pays tribute to 'inspirational' Norick Abe
ノリック通夜に2000人…戒名「正道院弐輪英雄典久大居士」
ノリックに別れのエンジン音、3000人号泣
阿部典史さん葬儀 3200人が参列

Norick, the racing star
[PR]

by ciclone | 2007-10-12 23:46
2007年 10月 08日

眠れない

寝ようと思ってたのに、mixiをチェックにいったら、ノリックが死んだって皆が話している。鈴鹿8耐、ついこないだみたいな気がするのに。

人気オートバイレーサー事故で死亡/川崎
「伝説のライダー」阿部典史さんが事故死 川崎
二輪レーサーの阿部典史さん交通事故死 川崎の市道で貨物車と衝突
“ノリック”阿部典史さんが交通事故死 貨物車と衝突
ノリックが、まさかの事故死
Bombshell: Former Grand Prix Winner Abe Killed
Norick Abe passes away in Japan

…今年は、こういうの続くね。

それにしても、トラックの運転手!2車線の左側から、Uターン禁止のとこでUターンするなんて何考えてんだ!そんなの予測もできないよ!私でさえ、それは非常に危険なことだってわかる。そんな行為に巻き込まれて、世界クラスのライダーが…なんて、ひどすぎる。

YAMAHAサイトのコメント
You tubeからのニュース

通夜・告別式
[PR]

by ciclone | 2007-10-08 00:14
2007年 10月 07日

帰宅した

22:55自宅着。浦和I.C.で高速を下りてからは一般道で。いやー、予想外に遅くなったね。お疲れさまでした。ツーレポはまた後日。疲れたので寝るさ。
[PR]

by ciclone | 2007-10-07 23:39 | バイクの運転
2007年 10月 07日

やっと

e0056704_20524162.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-10-07 20:52
2007年 10月 07日

日が暮れたので

那須高原S.A.でご飯。
[PR]

by ciclone | 2007-10-07 18:07
2007年 10月 07日

ポストの上にまで

e0056704_1441685.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-10-07 14:41
2007年 10月 07日

酒造りの湧き水

e0056704_13115169.jpg

[PR]

by ciclone | 2007-10-07 13:11