2010年 10月 03日

2010日本GP

昨年は一身上の都合により自宅でTV観戦だったので、今年のもてぎの待ち遠しかったこと!相方ともども疲れがたまってて、土曜日の予選はパスしちゃったけど、餃子会も出られたし、ノブさんも見られたし、バトるロッシも見られたし、おおむね良しとしよう。今朝は8時にサーキット入りできたのに、午前中はエントランス近くの店内でモニター観戦というていたらくだったのは内緒にしときたいとこだが。

そして決勝が始まってから、双眼鏡やラジオを持って来てないことに気づく間抜けな私達。どんだけばたばたしてたんだろう。motoGPmobileでライヴタイミングを確認しつつ観戦。それでもいいんだけど、見えないコースで転倒とかバトルがあった時には、やはりクリアに聞こえる音声が欲しくなった。次回はわすれずに持参しよう。

来年も暫定カレンダーでは4月下旬らしい。今から宿の予約をしておくべきか?今回のホテルは宇都宮駅からすぐで、そこそこ良かったので同じでいいかな。さすがに二年続けて火山噴火はないだろうな。

2011年暫定カレンダー
[PR]

# by ciclone | 2010-10-03 23:23 | エンタメ
2010年 10月 03日

2010日本GP:ロッシ

e0056704_16285650.jpg
3番手走行中。これはまだ3週目なんだけど、この後、素敵にバトってくれて、結果としては3位表彰台に載ってみせてくれた。携帯写真だから小さくしか撮れなかったけど、やっぱかっこいい。ダーティーだとか言われちゃったけど、そんなことない。気迫に満ちていい走りだったよ。面白いレースが見られて満足。
[PR]

# by ciclone | 2010-10-03 16:28 | エンタメ
2010年 10月 03日

2010日本GP:最高峰クラス

e0056704_159026.jpg
まだ2週目だけど、突っ走ってくぞオーラが出まくってるストーナーとドヴィツィオーゾ。最後は2台とも一人旅な感じだった。
[PR]

# by ciclone | 2010-10-03 15:09 | エンタメ
2010年 10月 03日

2010に本GP:MOTO2バトル中

e0056704_13293851.jpg
エリアス、シモン、高橋が最初は3人で競ってたのだけど…。ここですでに高橋は遅れ気味か…。
[PR]

# by ciclone | 2010-10-03 13:29 | エンタメ
2010年 10月 03日

2010日本GP:125cc

e0056704_12252499.jpg
この時点では小山選手5番手につけてたのだけれど…。
[PR]

# by ciclone | 2010-10-03 12:25 | エンタメ
2010年 09月 09日

富沢選手インタビュー

モータースポーツライターの西村章さんが、富沢選手に9月2日にインタビューした様子を公表してくれています。彼を悼むことは、彼の思いを知って分かち合うことでもあると思うので、これは嬉しい記事でした。西村さん、ありがとうございます。
記事はこちら
[PR]

# by ciclone | 2010-09-09 00:42 | エンタメ
2010年 09月 05日

サンマリノGP

サンマリノGP観戦会より帰宅。moto2クラス半ばで富沢祥也選手が事故に会い、後続車2台に轢かれるという大惨事が発生してしまった。レース中だから、後続の選手達(レディングとデアンジェリス)も頑張って避けようとはしたけど、いかんせんスピードが…それに近接していたし…。画像で見ていた限り、片方は体幹部をもろに轢いていたし、片方は首から頭あたりにまともにぶつかっていた。正直、赤旗中断にならなかったのが不思議なほどの事故だった。富沢選手は現地時間の14時20分に死亡確認された。motoGPでのレース中の事故死は2003年の加藤大治郎選手以来だそうだ。現在motoGP公式サイトのトップページが富沢選手の写真になっており、公式記事も出ている。

…と、今わかっている事実だけを書くと、こうなるのだけど、最悪の事態が確認されるまでの時間が長かったことと言ったら。観戦会で皆と一緒にわいわいインターネットやツイッターやその他で情報を集めて一喜一憂していたのでマシだったけど。帰りの電車では相方とほとんど喋ることもなく、帰宅してもほとんど喋ることもなく、それぞれにネットサーフィンして自分たちなりに悼んでいる。まだ19歳だったこと、目覚ましい活躍を見せてくれていて、本当に有望な選手だったこと、そして人柄が良かったこと。特に思い入れが強いわけではない、有望な日本人ライダーだから応援していたというだけの私でさえ、心が痛くなる。もっとレースが好きで、もっと富沢選手が好きで、思い入れの強い仲間達の嘆きはいかほどだろうか。でも、「それ」もコミでレースであるのも厳然たる事実である。"The show must go on."なのだ。恐らく日本GPでは富沢選手の追悼セレモニーが行われるだろう。そして彼の不在を改めて思い知るのだろう。

富沢祥也選手の御冥福を心からお祈りする。合掌。
[PR]

# by ciclone | 2010-09-05 23:30 | エンタメ
2010年 07月 25日

2010鈴鹿8耐

今年も涼しいカフェでスタートからゴール、表彰台まで、うまうまと美味しい酒と肴をいただきながらの観戦。店主さん、いつもありがとう。

今年も応援はもちろん青木宣篤選手の走るヨシムラスズキなのだが、昨日までの情報では高橋巧選手がかーなり期待できるらしいとのことで、そちらも注目だ。イトシンが8耐卒業とか言ってるらしいので、ここも頑張って欲しいとは思うのだけども、なんせノブさんはここ数年8耐でしか見られてないので、気合いを入れて応援するのだ。

そんなこんなで始まったレースは、気づけば8時間があっという間だった。今年は雨も降らず、大きな事故もなく、かなり順調だったのだけど、飽きずに見られたらしい。結果はHONDAが表彰台独占。優勝は清成龍一/高橋巧/中上貴晶のMUSASHI・RT・ハルクプロで、若いチームが頑張った感じだけど、安定したいい走りっぷりだった。2位は伊藤真一/玉田誠 のKeihin Kohara Racing Team、3位が秋吉耕佑/ジョナサン・レイ/高橋裕紀 でF.C.C. TSR Honda(とは言え裕紀は走ってないが)で、酒井大作/青木宣篤/加賀山就臣のヨシムラスズキwith ENEOSは大作選手の転倒が響いて6位に終わった。いいんだ、楽しめたから。
[PR]

# by ciclone | 2010-07-25 23:57 | エンタメ
2010年 06月 20日

中山道

e0056704_1485147.jpg

木曽路はすべて山の中である。
[PR]

# by ciclone | 2010-06-20 14:08
2010年 06月 06日

ロッシ不在

というわけでイタリアGPだった。観戦会に行くんじゃなかったら、きっとモチベーション下がりまくってレースをちゃんと見られなかったに違いない。初参加の方も4人いたようだが、観戦会でわいわいやりながら見るのは、やっぱり本当に楽しいと再確認したのだった。

ロッシは無事に手術が終わり、レース前には電話インタビューに答えるなどサービス精神ありまくり。怪我人なんだからおとなしく寝てろよと思わないでもないが、ドカティ席が「VALE」と人文字を作ってくれちゃったりしてるのを見ると、この人なしのイタリアGPとか、ほんと、あり得ないんだよなと思う。レース前後の映像でもインタビューでもロッシの不在を強く感じさせるものが多くあった。スーパースターなんだなぁ…。手術当日でも電話でコメントしなきゃ始まらないほどの人気なんだよな。早く治って、またレースを見せてくれますように。(今季絶望とかいう話もあるが、来年以降だろうが戻ってくれさえすればいいのだ)。

moto2、motoGPともトップは独走で、2番手以下の争いが面白いレースだった。イアンノーネって速かったのねとか失礼な感想。そして久しぶりのペドロサ優勝だが、どうして勝つ時はいつも独走になっちゃうんだろう?バトルして勝ち上がってってのがない気がするのは気のせい?いいけどね、別に。そして125ccは間に合わなかったので明日あらためて見る。
[PR]

# by ciclone | 2010-06-06 23:32 | エンタメ