転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

バイクのスクール

免許を取るのに通ったレインボーモータースクールでも、初級向けのスクールをやっているので参加してみた。一般教習の終わった夕方から始まる、その名も『初級サンセット』クラス。午後4時半に集合し、お金を払ってゼッケンを受け取る。

全部で14名の参加者は、意外と本当に初心者が多かった。一番免許を取得したのが最近なのは私だったが、その1週間前だったけど自分のマシンはまだ納車されてないって人、7月に大型を取得した初めてさんと10年以上乗っていなかったという夫婦、バイクの免許が独立してなかった時代の昔免許があるけど、実際には全然乗ってなくて40年ぶりに乗ろうとしている方、ここらまでは超初心者と言っていいだろう。クラス常連の方も数名。どうして初級に?という上級者も、桶川の安全センターの講習を終えてから直行で参加。インストラクターの話によると、自分の乗車姿勢を正しくするためや確認するために、初級に参加する中級・上級の人は多いのだそうだ。

教習は、乗車姿勢の確認から。ニーグリップと目線の確認は言うに及ばず、きちんと上体を全部使って進行方向を目指しましょうみたいなことの指導。それから準備運動をして乗車。慣熟走行からオフセットパイロンを交えてスタート。前半はオフセットパイロンとブレーキ練習、後半はオフセットパイロンとスラローム。午後8時までの教習は、かーなり濃密に走らせてもらったはずだけど、あっという間だった。でも確かに最初と最後じゃ、走り方が変わっているのが自覚された。なるほど、スクールに参加するってこういうことなんだ。車の時にも思ったけど、「運転に慣れる」ってことと、「運転が上達すること」って違うのね。また参加してみようっと。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-09 23:10 | バイクの運転
2005年 10月 08日

友あり、

遠方より来る。
…って、私自身も遠方に行って、そこで会ったのだが。どちらも東京にいる時には会わないのに不思議なことよ。

で、その、バイクに乗る友人から、事故らないための助言をいただいた。
「寝てない時には乗らない」
「雨の日には乗らない」
寝てないと、自分で思っているよりも反応速度が落ちたり、判断力が鈍ったりするのだそうな。そして雨の日は、まあ、車に乗ってても怖いし、言わずもがなだろう。私が車はひたすら怖がっているのに、バイクは面白がってしまっているので、余計に周りの人達は心配なのかもしれない。すいません、精進します。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-08 23:44 | バイクの運転
2005年 10月 05日

活字からも入る

何か新しいことに熱中し始める時、たいがい私は形と活字から入る。例えば着物っていいなと思えば自分で着てみるわけだが、形としては「自分で着て脱ぐことができる」というところから入った。つまりは着付けの練習だ。それと並行して、着物について書かれたもの、例えば着物生活のエッセイや着物についての本を読んだ。

まったく同じことを運転についてもやっていて、原付スクーターに乗る時は、スクーターを選ぶことと、ネットサーフィンをしてスクーターに乗っている人の日記や雑記を読むことから始めた。スクーターを選んで、ヘルメットとジャケットとグローブを買って、乗り始めてからはいわゆるライディング技術本を読んだ。それが、これ下に置いた本だ。だから車の運転をしようって決めた時に買い込んだ本、というのも当然ある。それはまたぼちぼち出していくつもり。

ライディング事始め
村井 真 つじ・つかさ / グランプリ出版
スコア選択: ★★★★★

5年前、初めて原付スクーターに乗り始めた頃に人から借りて読んだ。当時はバイクじゃなかったけど、それでも役立つ知識がいろいろあって良かった。今回教習中にもスラロームやブレーキ、シフトチェンジのことなど、かなりお世話になった。ありがたい。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-05 20:07 | バイクの運転
2005年 10月 04日

バイクの入門書

TEAM MARIのビューティバイクレッスン―女性による女性のためのライディング入門!
チームマリ / 九天社
スコア選択: ★★★★

女性による女性のためのバイク入門書。非力だったり小さかったりする女性ならではの工夫が満載。イラストもわかり易くて面白く読める。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-04 22:17 | バイクの運転
2005年 10月 02日

本日の買い物

で、ライコランドでのお買い物。本日はセールで全品10%オフなこともあり、RSタイチのヒップバッグと、ブレーキディスクに付けるロック、キーホルダーを購入。ヒップバッグは実は本体のみで2kgもある代物であったことが買ってから判明。でも気に入ってるからいいや。ブレーキディスクは外すのを忘れると哀しい目にあうそうなので要注意だ。

前回ライコランドで買ったRossoのグローブをして行ったのだが、フィット感が良く、ハンドル操作が楽だった。でもグローブをはずすと手が真っ黒…革グローブの宿命とはいえ、外す度に手を洗わないと何もできないのは辛いかも。ヒップバッグの中身として、ウェットティッシュは必需品のようだ。

SHOEIのヘルメットZ-4はベンチレーションが快適で、涼しく走れた。今日みたいな天気の日なら、まだシールドも曇らないので視界も良好。とりあえず、ここまでのお買い物は全て成功しているようだ。

そして琥珀でサンドイッチを食べて帰宅。往復50km。慣らしとしては適当か?
[PR]

# by ciclone | 2005-10-02 16:26 | 買い物
2005年 10月 02日

実質的な初乗り?

天気が良く、少し暑いくらいの日曜日。珍しく午前中に起きたので、バイクに慣れるために&少々お買い物もすべくライコランド埼玉店まで出かけた。かっ飛ばしているバイパスは怖いので避けて、信号は多いけど最高でも60キロくらいしか出さなくて済む道を使って片道25km、混雑もあり1時間強かかった。

エストレアは単気筒だからか(?)、割とエンストしやすいらしい。本日も帰りに1回だけエンスト。でも後は、まめにシフトチェンジしてやれば大丈夫だった。やはり朝一番のエンジン始動時はチョーク引かないとかからなかった。走っている最中の加速はスムーズ。信号待ちから走り出す時の加速が少し遅い(運転のせいである可能性大)。900ccのNinjaと一緒に走ると、250cc単気筒のエンジン音はすごく軽い。車体も軽いんだなと坂道やカーブで実感。

走りながら、昨日から感じている楽しさの所以を考えてみた。
自転車とおんなじ感覚だからか!?
自転車は実家にいる間ずーっと乗っていた。ママチャリだけど、通学にも使っていたし、乗らない日はなかったんじゃないだろうか。雪が降っても通学には使ってた気がする(そして転んだこともあったような)。自転車で走っている分には、どんなにスピードが出ていようが道が混んでいようが、怖いものなしだった。たぶんそれと同じつもりになっちゃうんだろう。ま、怖くて乗れないよりはいいか。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-02 16:16 | バイクの運転
2005年 10月 01日

星☆がやってきた

エストレヤRS、赤と黒のコンビネーションカラー。
車高が低くて足付きが非常に良く、250ccなので教習車(HONDA CB400SF)と比べて格段に軽くて取り回しが楽ちん。

夕方、まだ日がある内にとバイク屋さんに出かけた。保険の説明、定期点検等の説明を受け、バイクの取り扱いの説明を受けて、鍵を受け取って終了。エストレヤが私のものとして目の前に置かれた。うわー。うわー。乗っていいんだ。私のバイクだ!

店の前は環七でかなり交通量が多いから、近くの交差点まで押していって脇道から乗り出すことにした。そろそろ夕暮れ時。教習所の外でバイクに乗るのは、以前の原付スクーター(Vino)以来3年半ぶり。でも乗らないと帰れないしね。跨がって、エンジンかけてみる。最初はすぐに止まってしまう…そういえば、最初はチョークを引いてかけるように言われたっけ。チョークを引いてやってみると、すんなりかかって持続。そのまま相方の先導に従って、いつも車で行くガソリンスタンドまで5キロの道のりを走る。楽しい。かなり慎重に細かくシフトチェンジしたり、しっかり半クラッチを使わないとエンストし易いのがよーくわかった。3回交差点でエンスト。しかも2回は交差点の中央で右折待ちしててエンスト。超迷惑。ガソリンスタンドで発進しようとしてもう1回エンスト。カッコワル。そのまま自宅に戻って本日はバイク終わり。

それにしても、車で走る時にはあんなに緊張するのに、バイクだとこの楽しさ。どうしたもんだろう。緊張は勿論してるんだけど、それ以上に楽しい。自分で確実に操れるサイズであると感じているんだろうか。不思議だ。
[PR]

# by ciclone | 2005-10-01 21:30 | バイクの運転
2005年 09月 30日

免許申請!

明日の納車を前に、免許を申請すべく江東試験場に行ってきた。本当はもっと早くに行きたかったのだけど、仕事の都合がつかず今日まで延びてしまったのだ。今日も危うく仕事を抜けられないところだったのだが、明日が納車なのでと強引に出かけた。

午後4時まで開いていると聞いていたので3時までに行けばいいかと思っていたら、ほんっとにバタバタ駆け込まなくてはいけなくなり、しかもデッドラインぎりぎりだったのでかなり焦った。しかも、交付してもらった免許証を見たら、首の部分に絞められたかのような黒い一筋の影が!窓口の方に「これはいくらなんでも…」と相談したら、撮影し直しになって一安心。おかげで20分ほど余分にかかったけど、絞殺写真よりはいいだろう。

これで明日はバイク屋さんから自分で愛車(予定)を運転して帰れるわけだ。楽しみ。でも不安。でも楽しみ。早く明日の午後にならないかな。
[PR]

# by ciclone | 2005-09-30 23:13 | バイクの運転
2005年 09月 28日

夜道の練習

バイクが届いちゃったら、きっと土日はバイクに乗るだろう。それは間違いない。
でも、車の運転も続けないと、せっかく上達してきたのにムダになってしまう。もったいない。

というわけで、比較的早く帰宅できたので、軽食をとってご近所ドライブに出かけた。ちょっとのつもりが1時間強になり、後半では緊張のあまり足がツってしまった。だって、やはり対向車のライトは眩しいし、幻惑されちゃって信号までの距離はわからなくなるし、人や自転車は見えにくい。住宅地の中を縫うように走る道は先が読めない。スピード調整むずかしい…。

えー、仕方ないので、当分の間は本日のコースを練習していくことに。慣れればちっとはマシになるだろうってことで。

…うまくなってきたと、思ったのになあ。
[PR]

# by ciclone | 2005-09-28 23:02 | 車の運転
2005年 09月 27日

ヘルメット

食事が終わってやれやれと一息ついていたら、はい、と箱を手渡された。
ヘルメット!
仕事が早く終わったので、速攻で帰宅して車を飛ばして受け取りに行ってくれたんだそうな。ありがたい。

箱を開けると、黒い巾着袋に入った丸い固まり。巾着を開けるとワインレッドのSHOEI Z-4。
改めて被ってみる。ついでにジャケットも羽織ってみる。その格好で鏡を覗くと、
「おお、ライダーがいるよ」
格好から入る私としては、上々のスタートが切れそうだ。
[PR]

# by ciclone | 2005-09-27 23:06 | 買い物