転ぶのは怖い

ciclone.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 31日

技能教習が始まった

そんなわけで、今日から技能教習が始まった。
初回は2時間連続のセット教習で、バイクの引き起こしからだ。予想通り、起こせない。どんなに唸ってもバイクはびくともせず、教官が手を貸してくれた。重い…ひょっとして、バイクが倒れたが最後、私には絶対に起こせないままなんじゃないだろうか。

バイクを駐車スペースからコースへ押して出ることは出来た。乗車して、エンジンをかけて、走り出すこともできた。でも、止まるとエンスト。エンジン再始動して、走ってる間は問題なくいくが、やはり止まるとエンストする。そんな調子で発進と停止をひたすら繰り返す2時間…先が思いやられる。
[PR]

# by ciclone | 2005-07-31 22:51 | バイクの運転
2005年 07月 31日

一人で運転してみる

この週末はJ氏が鈴鹿へ8時間耐久レースを観に行っているので不在である。従って、車の運転はしない方が無難であろうとは、自分でも思っていたし周囲からも言われていた。昨日は全然する気もなかった。

でも今朝起きたら、運転できるような気がした。というか、これまで毎週末教習所に通って運転したいたので、運転しておいた方がいいんじゃないかと思ったのだ。そこで、通いなれた(と言っても自分で運転したことがあるのは2回のみの)教習所までの往復をしてみることにした。教習所に行って、駐車場に止めて、そこから出て、帰って来る。自宅から教習所まではほとんどが大きな道路だが、自宅近くは駅前なせいもありごちゃごちゃしているので要注意。大きな道路では車線変更がなくて済むように気を配る。車庫入れでは他の車に当てないように注意。道は分かってるんだし、大丈夫、と自分に言い聞かせて出発だ。

駐車場から出る前に、アクセルを少し強く踏み込み過ぎて一瞬焦る。慌てない慌てない。周りの車だって、下手な運転だと思えば避けてくれるんだから、安全確認だけしっかりすればいいのだ。
気を取り直して再出発。信号で右折、ほっそーい両面通行道路を、歩行者と自転車がわらわらと渡って行く。自分も普段やっているが、ひっかけるんじゃないかと気が気ではない。なんとか抜けると、今度は左折の信号。曲がった先にはいつも通りに駐車車両が見えている。バスも止まっていて見通しが悪い。そーっと動いてなんとかクリア。次の信号を過ぎれば、しばらくはスムーズに行けるはずだ…。
そんな調子で片道30分、目的地に到着。短い距離で左折レーンに入らないといけなかった時に苦労しただけで(自分より、たぶん周りの車がだけど)大きなトラブルはなかった。帰りは一部違う道で、工事中の迂回があったり、商店街や住宅街を走行してみる。やはり難しいのは駅前から自宅までの人ごみと違法駐車をすり抜けること。自宅駐車場もなかなかの難物だったが、隣の車が何故かすごーく左寄りに駐車していてくれたので、かなり余裕で車庫入れが出来た。

こうして一人で乗ってみると、いかに自分が他人任せの安全確認をしているかがよくわかる。乗り続けていれば、いつかもっと上手になれるだろうか。
往復一時間強の単独ドライブだったが、半日運転し続けたかってほど疲れてしまったよ。
[PR]

# by ciclone | 2005-07-31 21:33 | 車の運転
2005年 07月 30日

バイク教習に行くぞ

今日は普通二輪教習の入校式で、私としてはかなり早起きをしてレインボーモータースクールまで出向いて行った。

ペーパードライバーコースもレインボーで受けた。もっと近くにも教習所はあるのだけれど、校舎が綺麗で敷地も広くて、自宅直近からスクールバスにも乗れるという便利さもあってここにした。少なくともペーパー講習は良かったと思うし。料金設定もリーズナブルなのではないだろうか。

教習所の入校式というのは、要するに教習所の通い方、授業の進め方、試験の受け方などを含む一般的なオリエンテーションと適性検査だった。適性検査なんて十数年ぶりに受けたよ…不惑を目前にして受けるもんじゃないよなーとは思った。若者ばっかりかと思って怯えていたら、結構な数の30代以上がいてちょっと安心。車の免許を持っていると、学科教習はほとんどないようだ。そして明日から技能講習が始まる。どきどき。
[PR]

# by ciclone | 2005-07-30 22:33 | バイクの運転
2005年 07月 27日

どうして運転が怖いか

そもそも、せっかく免許を取ったのに、どうして運転しなかったか。
それは一度ぶつけているから。

叔父がアメリカ出張で留守宅を守っていた時のこと。
免許取り立ての私は、叔父のサニー(MT車)でご近所一周を試み、狭い道路で対向車の存在に焦っていらんところでハンドルを切ってしまい、コンクリートの角に激突…。対物のみで済んだのだけど、どう処理していいかもわからない。とりあえず駐車場に戻そうと思って走り出したら、があああっと何かを擦る音がして、見てみるとバンパーが外れかけている。慌てて近所の家に駆け込んでガムテープをもらってバンパーを引っ張り上げ、なんとか駐車場には辿り着けたのだった。翌日帰国した叔父は、帰る早々、事故処理をしなくちゃならなかった…申し訳ない。

そんなわけで、「衝突」がトラウマとなって、ハンドルを握らなくなってしまったのであった。
まあそもそも父親には免許を取ったこと自体が内緒だったので、自宅の車には触れもしなかったのだけれど。
[PR]

# by ciclone | 2005-07-27 22:00 | 車の運転
2005年 07月 24日

車に乗ってみること

自慢じゃないが、十二年越しのペーパードライバーだ。
3年前に沖縄旅行をした際に、運転するはずだった同行者が一日遅れることになったため泣く泣く公道デビューしてはいるが、その後再び運転していない。都内なら車より電車で動く方が楽だし、時間も確実だからいいのだ。

ところが、運転してみようという気になってしまった。理由はいろいろあるけど、
「これ以上ずっと運転せずにいたら、本当に一生運転しないで終わるな」
と思ったことが大きいかもしれない。
でもさすがにいきなり都内の公道は走るの怖いので、教習所のお世話になることにした。ペーパードライバーコースという奴だ。

とにかく言って説明を聞いて、システムを理解したところで申し込みをし、まずは2時間ほど所内での講習を受けてみるところから始まる。そして合計10時間の講習を受け、本日無事高速教習も終了し、一応の運転は覚えた、はず。自宅周辺をJ教官付きで運転してみたりもしているし、なるべく毎週末乗るようにすればなんとかなりそうな気配。
こうなってくると、俄然おもしろくなってあちこち走りたい気がしてくるから不思議なものだ。まずはお盆に実家まで運転して帰ることを目標に、もう少し練習を積まなくちゃだが。
[PR]

# by ciclone | 2005-07-24 21:29 | 車の運転